15期連続増収増益!【グリーンクロス】営業利益前期比10.1%増
株式会社グリーンクロス
更新日時:7月23日 15時48分

売上高、営業利益、経常利益、当期純利益、全てに於いて過去最高を更新

土木・建築現場にて使用する安全対策用品を取り扱う、株式会社グリーンクロス(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:久保孝二、福証:7533)は、2024年6⽉12⽇(水)、2024年4⽉期決算を発表いたしました。

 
2024年4月期 トピックス

 
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406112038-O6-QuEK4H1G

 
2024年4月期 連結業績(2023年5月1日~2024年4月30日)

2024年4月期の連結売上高は、243億4千8百万円、前期比8.1%の増加、営業利益は16億4千8百万円、前期比10.1%の増加、経常利益16億4千9百万円、前期比8.8%の増加、当期純利益は11億3千8百万円、前期比8.2%の増加となりました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406112038-O4-1LteWTIp
 

グリーンクロスグループは中期戦略に基づき、収益力の更なる向上に向け、顧客のニーズに沿ったレンタル事業及びサインメディア事業の営業促進と各種経営リソースの強化、並びに物流システムの効率化を図るとともに、ブロック経営を基点としての営業拠点ネットワーク網の一層の連携機能促進に努めており、当第4四半期に於いては、新たに山本シーリング工業株式会社及び株式会社アイ工芸の2社をグループに迎え入れ、更なるシナジーの発揮による事業拡大等、グループとしての総合力の強化を進め、15期連続増収増益を達成。

>>2024年4月期 決算短信<<

 

2024年4月期 期末配当について

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406112038-O5-O273d3Y3
 
グリーンクロスでは、株主に対する利益還元を経営の最重要課題として位置づけ、連結配当性向30%を目標とし、グループ全体での業績向上に連動させ、より安定的かつ継続的な配当により株主への利益還元に努めて行くことを基本方針としています。
2024年4月期の期末配当金は、1株当たり35円。前年から3円の増配。
普通配当については、2014年4月期以降 11年連続での増配。

 

 

 
【会社概要】
会社名  :株式会社グリーンクロス
本社所在地:〒810-0034
      福岡県福岡市中央区笹丘1丁目17-29
電話番号 :092−737−0370
FAX番号 :092−737−0371
設立   :1971年7月
資本金  :6億9,726万円
従業員数 :850人(2024年4月末時点)
代表者  :久保 孝二

配当
業績ハイライト(大)
主要トピックス