令和5年(1~12月)冷凍食品の 生産・消費について(速報)
一般社団法人日本冷凍食品協会
更新日時:4月19日 13時00分

令和6年4月
一般社団法人 日本冷凍食品協会

 4月19日、一般社団法人日本冷凍食品協会(会長 大櫛顕也)では、令和5年の冷凍食品の生産・消費調査結果を公表しました。

◎国内生産量は前年比3.3%減。出荷額は2.1%増の7,799億円と過去最高。
◎数量は、家庭用、業務用ともに減少し、3年ぶりに業務用が家庭用を上回った。出荷額は家庭用、業務用ともに増加し、引き続き家庭用が業務用を上回った。

■国内生産は、数量が1,546千トン(対前年比(以下、同じ)96.7%)と前年を下回り、金額(工場出荷額)は7,799億円(102.1%)と前年を上回った。
■家庭用は、757千トン(94.1%)、金額は3,996億円(98.4%)と数量、金額ともに減少した。一方、業務用は数量が788千トン(99.3%)と減少したが、金額は3,804億円(106.3%)と増加した。
■家庭用と業務用の比率は、数量ベースでは、業務用が家庭用を3年ぶりに上回り、金額ベースでは引き続き家庭用が業務用を上回った。

◎品目別(大分類)生産量では、大半を占める調理食品が減少。
◎品目別(小分類)生産量では、1位うどん、2位コロッケ、3位ギョウザ、4位炒飯で、上位4品目は前年と引き続き同順位。

■大分類の品目別生産量では、国内生産の大半を占める調理食品(96.7%)と、水産物(90.9%)、菓子類(94.5%)が減少した。
■小分類の品目で前年に対して量的に増加したのは、卵製品(113.9%)、春巻(104.4%)、うどん(100.5%)などであった。

◎冷凍野菜輸入量(97.4%)は減少したが、輸入額(107.8%)は初の3,000億円超。
◎国内消費量は3.4%減少、1人当たり年間消費は23.2kgと0.7kg減少。

■財務省貿易統計による冷凍野菜輸入量は、1,120千トン(97.4%)と減少、輸入額は、3,042億円(107.8%)と4年連続の増加となり、統計開始後初めて3,000億円を超えた。
■国内消費量(「冷凍食品国内生産量」「冷凍野菜輸入量」「調理冷凍食品輸入量」の合計)は、2,880千トン(96.6%)、1人当たりの年間消費量は0.7キログラム減少し23.2キログラムと減少した。

※詳細はプレスリリースをご確認ください。