タシケント国立東洋学大学×立正大学 学術交流協定締結記念シンポジウムを開催
学校法人立正大学学園
更新日時:4月18日 08時00分

 立正大学(本部所在地:東京都品川区)とタシケント国立東洋学大学(所在地:ウズベキスタン共和国・タシケント市)は、2023年5月に大学間交流協定を締結しました。これを記念して、5月11日(土)に本学品川キャンパスにて、シンポジウム「 シルクロードとニューツーリズム」を開催いたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404169542-O1-D5Qm33cm

 タシケント国立東洋学大学は、アジア研究および外国語教育の場として中央アジア圏で最大規模の学部構成を擁しています。日本語教育にも注力しており、日本への数多くの留学生を輩出しています。
 一方、立正大学は2014年から2019年までウズベキスタンの仏教遺跡の発掘に携わり、現在に至るまでその調査研究をおこなってきました。
 今回は学術交流協定締結の記念として、タシケント国立東洋学大学から3人の先生をお招きして、異なる国における観光のあり方や新発想について考える機会としました。観光分野は、遺跡の調査と関係が深いだけでなく、人文地理学や自然地理学などとも深い関わりがあります。そのため立正大学の地球環境科学部の先生にも登壇いただき、日本のツーリズムについてもお話しいただきます。
 これから観光について学びたいという人だけでなく、シルクロードの歴史、中央アジアの地理、宗教、文化、そして日本の観光と文化などに関心のある方々に得るところがあれば幸いです。

【日時】2024年5月11日(土)13:30~17:50 (13:00開場)

【会場】立正大学 品川キャンパス ロータスホール(13号館地下1階)(東京都品川区大崎4-2-16)

【受講料】無料

【申込方法】参加予約はございません。直接会場へお越しください。

【講演者】
タシケント国立東洋学大学
・ハクベルディエフ・カフラモン准教授(東方諸国共同研究センター長)
・カリモフ・ノディール博士(東方文化遺産研究センター長)
立正大学
・深瀬 浩三准教授(地球環境科学部)
・川添 航講師(地球環境科学部)

【主催】立正大学

【後援】駐日ウズベキスタン共和国大使館、品川区

詳細はシンポジウムのフライヤーをご確認ください。

シンポジウム『シルクロードとニューツーリズム』フライヤー (PDFファイル) 
立正大学ウズベキスタン学術調査隊Facebook 

シルクロードとニューツーリズム