大きさ、重さ、実物大!? 「つくってたべよう!幼虫3Ⅾゼリー」 2024年3月4日(月)新発売!
名糖産業株式会社
更新日時:3月4日 11時00分

 名糖産業株式会社(本社:愛知県名古屋市)は、この度、リアルなカブトムシの幼虫の形のゼリーを作ることが出来る「つくってたべよう!幼虫3Dゼリー」を2024年3月4日(月)より発売します。
また、新発売を記念し名糖産業公式Xアカウント(@meito_alphabet)にて抽選でキャンペーン期間中、名糖産業お菓子詰め合わせセットが毎日当たるフォロー&リポストキャンペーンを開催します(合計10名様)。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402297266-O3-2J87O73B

キャンペーン概要
公式X:https://twitter.com/meito_alphabet
開催期間:2024年3月4日~2024年3月13日
応募方法:名糖産業公式Xアカウント(@meito_alphabet)でのキャンペーン投稿をフォロー&リポスト
賞品:名糖産業お菓子詰め合わせセット10名様

担当者の熱い思いを込めた、開発ヒストリー
この「つくってたべよう!幼虫3Dゼリー」は企画担当者が小学生の頃に抱いていた「知的好奇心」を叶えた商品です。数年前の「地球グミ」の流行など、見た目にインパクトのあるお菓子を食べてみたい(=食べるところを見てほしい)というニーズに可能性を感じ、本商品の企画検討がスタートしました。

一部の海外の先住民の中では一般的なものとして、虫の幼虫を食べるという食文化があります。
企画担当者が小学生の頃、テレビ番組で先住民の方が美味しそうに虫の幼虫を食べているシーンを見て、当時カブトムシが好きだったこともあり、知的好奇心を刺激され、「カブトムシの幼虫も美味しいのだろうか」と気になって仕方なくなりました。

小学生ぶりにカブトムシ採りに行った際にその時の記憶が蘇り、当時叶えることが出来なかった夢を叶え、多くの人に幼虫を食べる疑似体験を提供できる商品を作りたいという想いで開発に至りました。開発にはとにかくリアルさにこだわり、本物のカブトムシの幼虫の大きさと重さ・頭幅に合わせるため何度も試作を繰り返しました。
 虫好きな子どもから大人まではもちろん、虫が苦手な方にも是非一度試していただきたい商品です。
異文化を理解し、世界に目を向けて自分の世界を広げてもらうきっかけになるような商品になってくれることを期待しています。

「つくってたべよう!幼虫3Ⅾゼリー」 について

◆商品特徴
①見た目にインパクトのあるカブトムシの幼虫の形の3Dゼリー
・見た目にインパクトがあり、本物そっくりの大きさと重さでできあがり!(直径約5cm・重さ約35g)
②水だけで簡単につくれる
・ご家庭で準備するものは水だけ、買ってすぐにつくることができます。
③ぷるぷるな食感と爽やかな酸味
・幼虫のぷるぷるな質感をイメージしています。
・コーラ&ヨーグルトソーダ風味で、酸味の効いた爽やかな味付けです。

◆商品詳細
商品名:つくってたべよう!幼虫3Dゼリー
内容量:10.5g
参考価格:200円(税抜)

つくり方は2種類!
 本商品は、手軽に楽しめる「基本のつくり方」と、よりリアルさを追求した「上級編」の2種類のつくり方を用意しております。つくり方はそれぞれパッケージ裏面の二次元コードからアクセスできる動画で紹介しています。

【基本のつくり方編】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402297266-O4-x75H61k0
https://youtu.be/hQNOSXYaro4

【上級編】
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402297266-O5-7gg322az
https://youtu.be/7tpbbo5_AO8

名糖産業株式会社について
■社名             名糖産業株式会社
■本社所在地    〒451-8520 愛知県名古屋市西区笹塚町二丁目41番地
■設立          1945年2月8日

1970年の発売以来“ひとくちチョコの決定版”としてたくさんの人々に愛されつづけている
「アルファベットチョコレート」や、子供の駄菓子として人気があるサクッとおいしい「ぷくぷくたい エアインチョコ」、「レモンティー」などを製造・販売。

その場で当たる!2024春の新商品プレゼントキャンペーン
パッケージ画像
上級編
基本編