遠隔管制システム(「X-Area Remote」)を搭載した「TractEasy」自律運転けん引車の実証試験を実施
長瀬産業株式会社
更新日時:11月24日 13時53分

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202211240297-O3-853kqw89

 

2022年11月24日

パナソニック ホールディングス株式会社

長瀬産業株式会社

EasyMile SAS

 

遠隔管制システム(「X-Area Remote」)を搭載した

「TractEasy」自律運転けん引車の実証試験を実施

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105348/202211240297/_prw_PT1fl_KOV7qWPa.png

 長瀬産業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:朝倉 研二、以下「長瀬産業」)と、パナソニック ホールディングス株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役 社長執行役員グループCEO:楠見雄規、以下「パナソニックHD」)、ならびにEasyMile SAS(本社:フランス・トゥールーズおよびシンガポール、CEO:ジルベール・ガニェール、以下「EasyMile」)は、長瀬産業が事業開発をしているEasyMileの自律運転けん引車(AIT※)「TractEasy」へ、パナソニックHD が開発した遠隔管制システム(「X-Area Remote」)を採用・搭載した上で、2022年11月19日(土)に三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:カール・デッペン、以下「三菱ふそう」)川崎製作所にて、車両エンジンの運搬を想定した実証実験を共同で実施しました。

 

「TractEasy」はEasyMileが設計・開発および製造するEV自律運転けん引車です。センサーやカメラから取得した走行距離などのデータをリアルタイムで処理し、自律的に運搬(最大けん引重量:25トン)を行います。本実証試験で使用された車両は、cm単位の位置特定技術や、障害物の広範囲検知、車両とインフラをつなぐV2X無線通信、予測制御、交差点・横断歩道の判断などのナビゲーションシステムが組み込まれている他、パナソニックHDが設計・開発した遠隔管制システム「X-Area Remote」を搭載しております。

 

「X-Area Remote」は公衆モバイル環境(4G/5G)での低遅延安定通信、サイバーセキュリティ、遠隔オペレータへのAIアシスト機能などを搭載し、多様なモビリティを複数台まとめて統合的に監視・操作・運用管理する遠隔管制ソリューションを提供しております。経路を塞ぐ複雑な障害物など自動走行が困難なシーンを想定し、遠隔管制センターから遠隔監視・操作を行い、ダウンタイムの発生を抑えたシームレスなAITの遠隔オペレーションを実現します。本車両と遠隔管制システムの活用を通じて、工場や物流現場の人員不足や作業負担の軽減、またEV化による工場内物流のCO2排出量削減が期待されます。

 

 本実証試験では、三菱ふそう川崎製作所にて車両エンジンの運搬を想定し、「TractEasy」の安全性や走行能力、遠隔操作・監視システムの操作性や実用性を検証しました。今後も、貨物輸送自動運転プラットフォームの社会実装を見据え、本車両の実証試験および長瀬産業によるサービス事業化を進め、空港・港湾を中心とした物流業界に展開予定です。

※AIT: Autonomous Intelligent Tugger

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202211240297-O2-LK9j021e

11月19日に公開した実証試験の様子




■本件に関するお問い合わせ先

長瀬産業株式会社 モビリティソリューションズ事業部 先進モビリティ部 HMI課 

hibiki.kawahara@nagase.co.jp

 

パナソニックホールディングス株式会社 モビリティ事業戦略室 総合問合せ窓口

mobility_info@ml.jp.panasonic.com

 

■報道に関するお問い合わせ

長瀬産業株式会社

サステナビリティ推進本部 広報・ブランディング室 TEL:03-3665-3640