電通グループ、LGBTQ+への企業の取り組み指標「PRIDE指標」で最高評価の「ゴールド」を受賞
株式会社電通グループ
更新日時:11月24日 11時10分

 株式会社電通グループ(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員 CEO:五十嵐 博、以下「当社」)は、任意団体「work with Pride※1」が策定した、職場におけるLGBTQ+などの性的マイノリティに対する企業の取り組みの評価指標「PRIDE指標※2」において、2022年11月10日(木)に最高評価の「ゴールド」を当社として初めて受賞しました。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202211240269-O1-tlEC6hLT】 
 また、同時に当社グループ企業である株式会社電通、株式会社セプテーニ・ホールディングス、株式会社電通デジタルの3社も「ゴールド」を受賞し、株式会社電通PRコンサルティング、株式会社電通北海道の2社は「シルバー」を受賞しました。

 電通グループは2024年度を最終年度とする中期経営計画の4つの柱の一つとして「ソーシャルインパクトとESG」を掲げており、その中で「従業員のダイバーシティ&インクルージョンの推進」を優先項目として挙げています。
 この度、ゴールド受賞に至った「work with Pride」に関連する性的マイノリティの領域に関して、当社グループは自社内でのDE&I推進プロジェクトによる理解促進や社内制度の整備の他、TOKYO RAINBOW PRIDE出展による社会とのメッセージ共有、Business for Marriage Equalityへの賛同※3など、従業員への公平なサポート拡充に加えて、社会に向けた情報発信にも積極的に取り組んでいます。

 今後も電通グループは、組織のあらゆる階層においてDE&Iに関する様々な取り組みを推進していきます。

※1:企業などの団体における性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体です。
URL:https://workwithpride.jp/ 

※2:2016年に「work with Pride※1」が策定した、日本初の職場におけるLGBTQ+に関する取り組みの評価指標です。
PRIDEの各文字に合わせた5つの指標の総合点に応じて、ゴールド、シルバー、ブロンズの3段階で評価・表彰されます。
1. Policy(行動宣言)
2. Representation(当事者コミュニティ)
3. Inspiration(啓発活動)
4. Development(人事制度・プログラム)
5. Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)
URL:https://workwithpride.jp/pride-i/ 

※3:詳細は下記リリースをご覧ください。
https://www.group.dentsu.com/jp/news/release/000835.html 

                                          以 上

【事業に関する問い合わせ先】
株式会社電通グループ DJNサステナビリティ推進オフィス 安藤、半澤 
Email:sustainability@dentsu-group.com

【リリースに関する問い合わせ先】
株式会社電通グループ グループコーポレートコミュニケーションオフィス 小嶋、島津
Email:group-cc@dentsu-group.com
株式会社電通グループでは、新型コロナウイルス対策の一環として、現在リモートワークを実施しておりますので、
同期間のお問い合わせは、Eメールにてお願いいたします。