アッヴィ、国内において3歳以上12歳未満のC型慢性肝炎治療薬 「マヴィレット(R)配合顆粒小児用」を発売
アッヴィ合同会社
更新日時:11月24日 10時00分

2022年11月24日
アッヴィ合同会社

アッヴィ、国内において3歳以上12歳未満のC型慢性肝炎治療薬として
「マヴィレット(R)配合顆粒小児用」を発売

 ― 国内初となる3歳以上12歳未満の小児C型慢性肝炎の適応を有する直接作用型抗ウイルス剤(DAA)

 ― すべての主要なジェノタイプ(GT1~6型)のC型肝炎ウイルスに感染した3歳以上12歳未満の小児患者に対する1日1回経口投与、リバビリンフリー治療薬

 ― 新たな治療選択肢の提供を通じて、日本における肝炎撲滅を推進

 

アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長 : ジェームス・フェリシアーノ、以下「アッヴィ」)は、すべての主要なジェノタイプ(GT1~6型)のC型肝炎ウイルス(HCV)に感染した3歳以上12歳未満の小児に対する1日1回経口投与、リバビリンフリー治療薬である「マヴィレット(R)配合顆粒小児用」(一般名:グレカプレビル水和物/ピブレンタスビル)を本日、11月24日から発売します。本製品は、2022年6月20日に製造販売承認を取得しました。

 

アッヴィは2017年9月に成人C型慢性肝炎患者さんに対する治療薬として「マヴィレット(R)配合錠」(以下、マヴィレット)の製造販売承認を取得し、同年11月に発売しました。さらに、マヴィレットについて日本初となる12歳以上の小児のC型慢性肝炎治療薬の承認を2019年8月に取得しています。

 

日本での肝炎撲滅の推進に協力するべく、アッヴィは企業や業界の枠組みを越えて、また地方自治体、医療関係者の皆さまとも連携し、様々な活動に取組んできました。このたび、日本初となる、3歳以上12歳未満の小児C型慢性肝炎患者さんへの治療選択肢を提供することで、日本での肝炎撲滅に貢献してまいります。

 

マヴィレット(R)配合顆粒小児用 製品概要

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102977/202211220201/_prw_PT1fl_5R1wpMCb.png

 

アッヴィについて

アッヴィのミッションは現在の深刻な健康課題を解決する革新的な医薬品の創製と提供、そして未来に向けて医療上の困難な課題に挑むことです。患者さん一人ひとりの人生を豊かなものにするため次の主要領域に取り組んでいます。免疫疾患、がん、精神・神経疾患、アイケア、ウイルス、ウイメンズヘルス、消化器疾患、さらにアラガンエステティクスポートフォリオの製品・サービスです。アッヴィの詳細については、www.abbvie.com をご覧ください。Twitterアカウント@abbvieFacebookInstagramYouTubeLinkedInでも情報を公開しています。

 

日本においては、1,400人を超える社員が、医療用医薬品の開発、輸入、製造販売に従事しています。免疫疾患、肝疾患、神経疾患、がんの各領域を中心に、患者さんの人生を豊かにしたいと願い、日々の業務に取り組んでいます。詳しくは、www.abbvie.co.jpをご覧ください。FacebookYouTubeでも情報を公開しています。