「2022年版 プラスチックリサイクル市場の展望と戦略」発刊
株式会社矢野経済研究所
更新日時:9月22日 11時00分

~2022年の世界各地のプラスチックリサイクル量は日本が238万t、EU1,052万t、米国320万tを見込む~

2022年9月22日
株式会社矢野経済研究所

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、下記の要領にて「2022年版 プラスチックリサイクル市場の展望と戦略」を発刊いたしました。

近年、国内外においてプラスチックの使用削減の取組みが活発化しています。
プラスチックを始めとする循環社会の実現に向けて、2015年9月の国連サミットにて「SDGsの17の目標」が採択されたほか、2017年7月には中国が廃プラスチックの輸入規制導入を発表し、日本を含む世界各国は廃プラスチック輸出の大幅削減を余儀なくされています。
これに対し、ユーザー企業側ではプラスチックから紙などの代替素材へと転換する「脱プラ」の動きや、化石由来材料ではなく非化石系材料由来のバイオマスプラへの切り替えを進める動きもあります。
しかしながら、プラスチックを完全に無くすことで、かえって環境負荷を高める「エコロジカルリスク」の懸念も出ています。また、バイオマスプラの使用はCO2削減効果が高いものの、プラスチック使用量の削減にはつながりにくいという側面があります。その一方で、工程内端材や使用済製品など従来は破棄されていたものをリサイクルすることが可能になれば、プラスチックを使い続けながら使用量削減が可能になります。
本調査レポートでは、海外の事例も参考にしつつ、日本国内におけるマテリアルリサイクル、ケミカルリサイクルの技術動向、再生材由来プラスチックの活用状況、参入各社の取り組みや今後の事業展開の方向性など、プラスチックリサイクル市場を取り巻く環境や見通しを分析し、プラスチックリサイクル業界に携わる皆様の一助となることを目的に作成致しました。
プラスチックリサイクルについてご興味のお持ちの方は、是非一度ご検討いただきますよう、宜しくお願い致します。

■掲載内容
資料ポイント
◆日、欧、米におけるプラスチックリサイクル市場動向を徹底調査
◆日、欧、米におけるプラスチックリサイクル市場規模推移を予測(2022年~2030年)
◆注目すべきケミカルリサイクル技術開発企業
◆海外企業、研究機関、プラスチック協会に取材、各社・機関のリサイクル関連の取り組み・事業動向
◆国内化学メーカー、リサイクラーの事業動向
◆飲料メーカー、日用品メーカー等のリサイクルプラスチック活用動向
◆マテリアルリサイクル市場動向
◆自動車業界におけるリサイクル動向

第1章 プラスチックリサイクル市場の展望

第2章 プラスチックリサイクルを取り巻く環境
1.プラスチックリサイクルにおける海外の動向
2.プラスチックリサイクルにおける日本の動向
3.国内外の廃棄物全般に関する法規制及び取扱い方

第3章 プラスチックリサイクルの技術動向
1.マテリアルリサイクル市場の動向
2.ケミカルリサイクル市場の動向

第4章 注目すべき出口産業別市場動向
1.容器包装におけるプラスチックリサイクル
2.自動車産業におけるプラスチックリサイクル

第5章 プラスチックリサイクル関連企業の展望と戦略

発刊日:2022年6月29日
体裁:A4 / 267頁
定価:220,000円(本体200,000円 消費税20,000円)
⇒詳細内容はこちら
https://www.yano.co.jp/market_reports/C64106500

<その他関連市場に関する提供情報>
プラスチックリサイクル市場に関する調査を実施(2022年)
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/3019

飲料用容器市場に関する調査を実施(2021年)
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2907

高機能包装材料市場に関する調査を実施(2021年)
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2906

バイオプラスチック市場に関する調査を実施(2020年)
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2569

【お問い合わせ先】
■商品に関するお問い合わせ先
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
TEL: 03-5371-6901
e-mail:customer@yano.co.jp
ホームページからのお問い合わせはこちら
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
矢野経済研究所のホームページはこちら
https://www.yano.co.jp/