自由の効きづらい冷房の設定温度とどう付き合う?!女性の約8割が感じる冷房病。
株式会社コラントッテ
更新日時:8月4日 11時00分

夏に血行不良を感じる女性は半数以上。Lierreyの磁気ウェア&アクセサリーで夏の気だるい身体もながらケア

 今年も夏シーズンに突入し、最近では真夏日や猛暑日が続いています。この時期になると、例年悩みの一つとして挙がりがちなのが「冷房病」。磁気健康ギアを提供する株式会社コラントッテがアンケート調査を行ったところ、冷房により何らかの不調を感じている女性は8割にのぼることが明らかとなりました。また、2人に1人以上の女性が「血行不良」を感じていることが判明。
 寝苦しく日々の疲れが残りやすい夏。暑い日も無理なく、磁気の効果による血行改善が期待できるコラントッテの姉妹ブランド『Lierrey』のマグネライフウエア&アクセサリーをご紹介します。

 
【調査概要】 
調査対象:全国の20代〜60代の男女計631人 調査機関:株式会社ジャストシステム
調査方法:インターネット調査  調査期間:2022年7月8日(金)~ 7月13日(水)
※調査結果の数値は小数点以下を適宜四捨五入して表示しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。  
※調査結果をご紹介いただく際は、「コラントッテ調べ」と注釈をご記載ください。

 
調査サマリー
◎夏の時期に勤務先や外出先の冷房の設定温度が低く「寒い」と感じたことがある男性は52.7%に対し、女性は74.1%。男女では20ポイント以上差が出る結果となった。

◎自分にとって心地よい冷房の設定温度については、25.0℃未満を希望する男性が42.7%に上ることに対し、女性は26.6%にとどまった。一方で女性の73.4%は 25.0℃以上を心地よいと感じており、男性との温度設定が話題になるのも納得の結果に。
このようなことから、女性の約8割は夏の冷房のせいで何らかの不調を感じているという結果にも頷けます。

◎夏に血行不良を感じる男性が34.0%に対して、女性は53.5%と半数以上。約20ポイントの差。
春夏秋冬の中でも特に夏、顕著になる女性の悩みとしては「60.1%:疲れが取れない」「58.9%:だるさ・倦怠感」「49.1%:睡眠不足」など。
暑さはもちろん、自由にできない温度設定の影響もあり、夏は他の季節より慢性的な疲れが取れないと推測。

 
■ 夏時期の冷房病に関する意識調査
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O8-0zlpD196

・夏の時期、自分にとって心地よい冷房の設定温度は、25.0℃未満を希望する男性が42.7%に上ることに対し、女性は26.6%にとどまった。一方で女性の73.4%は 25.0℃以上を心地よいと感じており、男女で希望する温度に乖離がある。
・女性の79.1%は夏の冷房のせいで何らかの不調を感じていることが判明。冷房による不調は、1位「身体の冷え」2位「倦怠感」3位「首・肩コリ」という結果に。
・夏に血行不良を感じるのは、男性34.0%に対して女性は53.5%と半数以上。約20ポイントの差。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O2-0YxEXJX1

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O3-9Y6SrZwG

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O1-LdVZpk5F
 

・女性は冷房のせいで1日平均2時間以上も冷えを感じていることが判明。夏にコリケアをする女性は36.4%にとどまる結果となった。
・春夏秋冬の中でも特に夏、顕著になる女性の悩みとしては「だるさ・倦怠感:58.9%」「疲れが取れない:60.1%」「睡眠不足:49.1%」など。同じ項目を男性と比較してみると、「だるさ・倦怠感:44.8%」「疲れが取れない:47.0%」「睡眠不足:40.3%」で、女性の方がそれぞれ10ポイント前後上回る結果となった。夏は特に女性が慢性的な不調を感じやすいと推測できる。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O4-l481AH83

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O6-ZEVSSZp9

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O7-3s39PXHv

 
調査結果から見える女性の悩み
◎本調査結果を経て、女性は男性と比較すると勤務先や外出先にて冷房で寒さを感じる方が20ポイント以上も高いという結果が出ました。
 
◎加えて、冷房で不調を感じる女性(冷房病の女性)は8割に上ることも明らかになっております。
男性と女性では心地よいと感じる冷房の設定温度にも乖離があるため自由が利きにくく、夏は女性にとっても、ダメージを受けやすい季節と考えられます。
 
◎夏に顕著になる女性の悩みとしてあがったのは「疲れが取れない」「だるさ・倦怠感」「睡眠不足」など。
その上、暑い季節にもかかわらず血行不良を感じる人が約半数という結果も出ています。

 
「磁気のチカラ」による血行改善の提案
 夏特有の悩みを抱える方にお勧めしたいのが、暑い日も無理に体を温めることなく“ながら血行改善”ができる磁気の活用。コラントッテでは、忙しい現代女性に向けて、ジュエリー感覚で磁気を身につけ体内の「流れ」をケアする新ブランド『Lierrey(リエリィ)』を2022年4月より展開しています。ネックレスのほか、夏でも着心地のいい商品もあり、”ながらケア”することができます。暑さを感じることなく、つけるだけで日中も血行改善にアプローチできます。冷房病や日々のダメージをケアできる『Lierrey』の商品を、ぜひ今夏からぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O13-2p3qqJNZ

夏の冷え、首・肩コリ改善に寄与する、『Lierrey』人気商品

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O9-s1ubpG37

着圧レギンス 6,600円(税込)
【夏におすすめ】天然素材オーガニックコットンをメインに使用しているため、通気性が良い。
・ソフト段階着圧で1日履いても快適
・特許技術のハニカム構造で骨盤をサポート
・ふくらはぎ部分は独自製法のバックプレスで疲れを感じる筋肉を持ち上げサポート
・磁束密度180ミリテスラ×6個の磁石を独自の配列で腰の位置に沿って配置
・医療機器認証番号:231AGBZX00005A01
 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O12-tEL8edcT

アウトラストナイトウェア 19,800円(税込)
【夏におすすめ】NASAのために開発された機能性素材アウトラスト®採用。
暑いときは体から余分な熱を吸収し、寒くなると蓄えていた熱を放出するという機能性生地で快適な体感温度へコントロール。
・寝ているあいだにカラダをリカバー
・磁束密度180ミリテスラx10個をトップス4個(肩)、パンツ6個(仙骨)に配置
 ※アウトラスト®は、米国アウトラストテクノロジーズ社の登録商標です
・医療機器認証番号:304AGBZX00018000

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O10-24472Mj3

ループネックレス 9,350円(税込)
・磁束密度140ミリテスラ×8個の磁石を独自の配列で首の後ろにあたる部分に配置
・サスティナブルな再生磁石を使用
・ループ部分は軽い着け心地の直径3mmのシリコン素材を採用
・首まわりにフィットしやすいスリムなデザイン
・ウォータープルーフで水に強い
・医療機器認証番号:304AGBZX00015000

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208034724-O11-230endI2

コインネックレス 20,900円(税込)
・磁束密度150ミリテスラ×8個の磁石を独自の配列で配置
・医療器具でも採用されているサージカルステンレスでアレルギーを起こしにくい素材を採用
・軽量、華奢チェーンでより女性に優しく(当社初)
・サスティナブルな再生磁石、リサイクルパッケージ使用でより環境に優しく(当社初)
・医療機器認証番号:304AGBZX00014000

 
『Lierrey』の販売・ショップ
販売チャネル:直営店、公式サイト