オータムフェア 2022&アートセレクション
帝国ホテルプラザ 東京
更新日時:8月3日 11時00分

ロビー展示「英国王室で培われたウエディングのかたち」や選りすぐりのアーティストによる作品展示

2022年(令和4年)8月3日
帝国ホテルプラザ  東京

 
秋のファッションのご紹介と
ヴィクトリア時代のウエディングをテーマにした英国アンティークの展示
オータムフェア 2022
期 間:9月9日(金)~9月30日(金)
*ロビー展示「英国王室で培われたウエディングのかたち」は10月31日(月)まで
                      内 容:  ◆ロビー展示「英国王室で培われたウエディングのかたち」
              ◆オンラインワークショップ
                     秋の黄金比メイクアップレッスン(参加者募集/有料)        ◆フェアプレゼント

毎回選りすぐりのアーティストによる作品を展示
 アートセレクション
VERTCHY(ベルシー) 個展
      期 間:9月20日(火)~10月2日(日)11:00~19:00 *最終日は17時まで
内藤忠行 個展
          期 間:10月18日(火)~10月30日(日)11:00~19:00 *最終日は17時まで

新店舗 ナンタケットバスケット専門店 GRAYMIST(グレイミスト)

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O9-KooF5FHf
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O2-kC0l23lj

左:ロビー展示「英国王室で培われたウエディングのかたち」より
メアリー王妃の結婚式でアレクサンドラ王妃が着用した「クィーンアレクサンドラココシェニックティアラ」(レプリカ)
右:ナンタケットバスケットの専門店「GRAYMIST」が3階にオープン

 帝国ホテルの商業施設、帝国ホテルプラザ(東京都千代田区)は、『オータムフェア 2022』を、9月9日(金)から9月30日(金)まで実施します。
 また、毎回選りすぐりのアーティストによる作品を展示する『アートセレクション』では、2つの企画を実施いたします。



 『オータムフェア 2022』では、各店にて季節のファッションアイテムをご紹介するほか、1階ロビーにてシーズンお薦めのコーディネートを展示いたします。また、帝国ホテル 東京で開催する『英国フェア2022 A Taste of Britain』(期間:9月1日(木)~ 10月31日(月))(後援:駐日英国大使館)と連動して、1階ロビーにて展示「英国王室で培われたウエディングのかたち」を実施。現在の結婚式で行われる習慣のルーツとなるヴィクトリア朝の婚礼の世界を、当時のドレスやティアラなどの装飾品を通じてご紹介いたします。

 このほか、「メイクアップサロン アガール」(4階)によるオンライン形式のメイクアップレッスンを開催(有料)。自然界で最も美しいとされる「黄金比」法則に基づいたアイメイクや小顔を演出するテクニックなどを動画でレクチャーいたします。
 お買い上げ時に進呈するポイント数に応じて、帝国ホテルのお食事券やスイーツなどをプレゼントする恒例企画「フェアプレゼント」も実施いたします。

 「アートセレクション」では、「MEDEL GALLERY SHU」(2階)にて、9月20日(火)から10月2日(日)まで、 “絵文字”を現代の象形文字と捉え独自のファンタジーな風景を描くVERTCHY氏による「VERTCHY個展」を開催。10月18日(火)から10月30日(日)まで、アフリカや日本文化をテーマにシンメトリーな抽象作品に取り組む写真家・内藤忠行氏の代表作などを紹介する「内藤忠行 個展」を開催します。

 帝国ホテルプラザは、1983年に開業した、帝国ホテルタワーにあるショッピングモールです。1階から4階まで、海外のファッションブランドを中心とした49の店舗が並び、
ゆったりとした静謐な空間で、ショッピングをお楽しみいただけます。

 概要は次の通りです。

■オータムフェア 2022 概要
期間: 9月9日(金)~9月30日(金)11:00~19:00 
      ※ロビー展示「英国王室で培われたウエディングのかたち」は10月31日(月)まで 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O7-L9uY2eA8
キービジュアル
◆秋のファッションご紹介
各店にて既設のファッションアイテムをご紹介するほか、1階ロビーにてシーズンお薦めのコーディネートを展示致します。    

◆「英国王室で培われたウエディングのかたち」
期間: 9月9日(金)~10月31日(月)
会場: 帝国ホテルプラザ1階 ロビー
料金: 鑑賞無料
内容: 穐葉(あきば)アンティークジュウリー美術館の監修のもと、現在のウエディングの基礎となる様々な慣習が生まれるきっかけとなった「ヴィクトリア女王の婚礼」をテーマに、当時のウエディングドレスや装飾品を展示します。エリザベスⅡ世女王陛下即位70周年の「プラチナ・ジュビリー」と「ロイヤルウエディング」をテーマに、料理やイベントを通じて英国文化をお楽しみいただく帝国ホテル 東京の催し『英国フェア2022 A Taste of Britain』(期間:9月1日(木)~ 10月31日(月))(後援:駐日英国大使館)との連動企画として実施します。
展示品:エリザベス女王の曾祖母、アレクサンドラ王妃が着用した「クィーンアレクサンドラココシェニックティアラ」(レプリカ)や、ヴィクトリア時代のウエディングドレスなどを展示。
協力: 穐葉アンティークジュウリー美術館、グレール(帝国ホテルプラザ4F)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O6-cGL3FP5u

【クィーンアレクサンドラココシェニックティアラ(レプリカ)】
エドワード7世とアレクサンドラ王妃の銀婚式(1888年)の際、ソールズベリー夫人からアレクサンドラ王妃に贈られたティアラのレプリカです。イギリスの355人の貴婦人の代表と讃えられて贈られたこのティアラは、ココシェニックと呼ばれるロシアの伝統的なデザインを取り入れていることが特長で、488個のダイヤモンドが飾られています。
その後、アレクサンドラ王妃は、このティアラをメアリー王妃(エリザベス女王の祖母)の結婚式や誕生日で着用し、現在は英国王室のロイヤルコレクションとしてエリザベス女王へ受け継がれています。今回展示するのは、アレクサンダー伯爵が、スワロフスキーペーストを用いて制作したハンドメイドによる復刻品です。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O9-KooF5FHf

【穐葉アンティークジュウリー美術館】
アンティークジュエリー研究家として活躍する穐葉昭江氏が設立した日本初のアンティークジュエ
リー美術館。英国を中心にジュエリーや銀器、食器、レースなど当時の文化を象徴する作品を所蔵。現在、美術館は閉館しているが日本全国で展覧会を中心に文化活動を展開。穐葉氏はアンティーク
ショップ「グレール」(帝国ホテルプラザ4F)のオーナーでもあり、著書に『アンティークジュウリー』(1985年)、『ヴィクトリアン・ジュエリー』(1988年)などがある。

◆フェアプレゼント  
期間: フェア期間中
会場: 帝国ホテルプラザ3階特設会場                      
内容: 各店で、お買い上げ2万円ごとに1ポイントのプレゼントカードを進呈いたします。ポイントに応じてプレゼントを差し上げます。
※一部除外店舗、除外商品があります。
プレゼント品: 帝国ホテル東京のお食事券やスイーツ、旬のフルーツなど。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O3-NQM6Dy2V
プレゼント(イメージ)

◆オンラインワークショップ 秋の黄金比メイクアップレッスン(参加者募集)
配信期間: 9月9日(金)~9月30日(金)
申込み期間: 8月15日(月)~9月23日(金・祝)
参加費: 9,900円(受講料・テキスト・化粧品・送料・消費税込)
※参加費には、11,000円相当のレイアネージュアイシャドーパレット&小顔パウダーが含まれています。
内容: 「メイクアップサロン アガール」(4階)店長・福武美湖氏によるオンラインレッスン。自然界で最も美しいとされる「黄金比」法則に基づいたメイク法をベースに、秋のアイメイクや小顔を演出するテクニックなどをご指導します。レッスン動画は、期間中、何回でもご覧いただけます。
申込み方法:  右に記載の二次元バーコードからお申し込み。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O1-vjWM5Rp2

お問い合わせ: メイクアップサロン アガール(4階)
                           TEL:03-6206-1159(11:00~19:00)
             水曜日定休

【講師・福武美湖(ふくたけみこ)氏 プロフィール】
メイクアップサロン アガール店長。化粧品会社に勤務後、エステティックサロンを設立。2013年に、自然界で最も美しいとされる「黄金比」法則に基づく「黄金比メイク」を開発し、一人ひとりに合った最適なメイク法をアドバイスしている。美容イベントやセミナー、企業でのメイク研修の講師としても経験が豊富で、雑誌などでの執筆活動も行う。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O11-55D2wx2t
福武美湖氏


■帝国ホテルプラザ アートセレクション 概要

◆ VERTCHY 個展
期間: 9月20日(火)~10月2日(日)11:00~19:00 ※最終日は17:00まで
会場: 2階 MEDEL GALLERY SHU(メデル ギャラリー シュウ) 
料金: 鑑賞無料
内容: “絵文字”は現代の象形文字であり、国境を超えた普遍的な言語であると位置づけた作品を発表するVERTCHY氏の個展です。「現実の基準を変える」「バーチャルライフとインターネットを現代人の最高かつ共通の現実として認識する」ことを、ファンタジーな絵画で表現した作品をご紹介します。
展示作品: “絵文字”をモチーフとした絵画作品約30点。

【VERTCHY氏 プロフィール】
画家。テヘラン生まれ。性別年齢不詳。“絵文字”は現代の象形文字であり、国境を超えた普遍的な言語と捉えたファンタジーな世界を描く。


◆内藤忠行 個展
期間: 10月18日(火)~10月30日(日)11:00~19:00 ※最終日は17:00まで
会場: 2階 MEDEL GALLERY SHU(メデル ギャラリー シュウ) 
料金: 鑑賞無料
内容: 国内外の一流ジャズミュージシャンや、ジャズのルーツであるアフリカ、日本文化をテーマに活躍する写真家・内藤忠行氏の作品を紹介します。シマウマのモチーフを繊細かつ大胆に表現した代表作「ZEBRA」や、ストレートなカラー写真、コラージュやソラリゼーション、多重画面などを駆使したシンメトリーな抽象表現の作品を展示します。
展示作品: シマウマをモチーフにした代表作や、抽象表現の写真作品20点。

【内藤忠行氏 プロフィール】
1941年東京・浅草生まれ。写真学校を卒業後、1964年からマイルス・デイビスなどのジャズミュージシャンを撮り始める。また、ジャズへの傾倒からアフリカ取材を開始し、写真集『地球風俗曼荼羅』を発表。
1980年代からは日本文化へのアプローチを始める。雑誌に連載した撮り下ろし作品「日本の庭」シリーズが高い評価を獲得。「桜」「庭」「蓮」などをモチーフにした独自の世界観を創出している。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O5-MDp58XLh

 
◎新店舗のご紹介

GRAYMIST(3階)  ※2022年6月29日オープン
米国東海岸のナンタケット島の伝統的工芸品であり、フォーマルな場で持つことが許されるバスケットとして知られるナンタケットバスケットの専門店です。ナンタケットバスケット制作の第一人者から指導を受け、日本ナンタケットバスケット協会の代表として日本での普及に取り組む八代江津子氏(バスケット作家、写真右)が同店を主宰。作品や制作材料の販売、レッスンを通じて、その魅力を紹介します。
お問い合わせ: 株式会社GrayMist Japan  https://nantucketbasket-nenba.com/#1
                            TEL. 03-6811-1366(11:00~19:00) 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O8-dR7dXuv7
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208024643-O10-90844403