C&W、2022年Q2の米国マンハッタン・オフィス市況レポートを発表
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド株式会社
更新日時:8月2日 11時00分

MARKETBEAT • OFFICE MANHATTAN

2022年8月2日

 
東京、2022年8月2日-
グローバル不動産総合サービス会社のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(グローバル本社:米国イリノイ州シカゴ、日本本社:千代田区永田町、C&W)は、米国マンハッタンにおけるオフィス市況について最新のレポートを発表致しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208014585-O1-GW043V5C

最新レポートのダウンロードはこちら


経済:オフィスワーカー数は2020年のピーク時に徐々に接近
2022年第1四半期のニューヨーク市の総雇用者数は、5月に前年比304,600人増加して合計約450万人に達し、2020年3月以来最高水準となった。雇用者数は、過去12か月間で、娯楽・接客サービス産業において124,500人増加したことにより、民間部門では353,400人の増加となった。金融サービス産業における雇用は過去4か月間で着実に増加し、5月には468,900人となった一方、情報産業における雇用は史上最高の235,900人に到達した。オフィスワーカー数は約150万人に到達。ピークである2020年2月の水準を6,500人下回るに過ぎない。

需給:成約面積は前2四半期平均を追随
第2四半期の新規成約面積は590万平方フィート(sf)と、前の2四半期平均である730万sfを下回った。新規開設および増床による10万sf超の成約は6件と、第1四半期の11件を下回った。10万sf超の大型成約のうち、金融サービス産業によるものが約75.0%を占め、法律サービス産業によるものが25.0%を占めた。年初からの成約面積は1,310万sfを記録し、1年前の590万sfより増加した。第2四半期における25,000sf超の新規成約は全体の8.6%を占め、第1四半期の11.9%から下落した。契約更新面積は、Tiffany & Company社が200 Fifth Avenueにて287,393sfを更新、Tory Burch 社が601 Lexington Avenueにて130,000sfを更新したことにより、前年比10.5%増加し約280万sfとなった。
マンハッタン全体の空室は第2四半期に2.8%増加し8,840万sfとなった。これは、50 Hudson Yards、1245 Broadwayおよび124 East 14th Streetの3物件が竣工し、計100万sf以上の空室が供給されたことが一因となっている。結果、全体の空室率は前四半期比40ベーシスポイント(bps)上昇、1年前の18.3%からも上昇し21.5%となった。サブリース(転貸)形式の空室面積は、30 Hudson YardsにてWarner Media社の旧拠点452,869sfがマーケットに供給されたことで、第2四半期は前期比0.8%と微増し2,070万sfとなった。2022年上半期のネットアブソープション(吸収需要)はマイナス120万sfだが、グレードAオフィスのネット・アブソープションは、2020年第1四半期以来初のプラスに転じ、プラス199,159sfだった。

賃料:新築オフィスビルの安定供給により、募集賃料は上昇
マンハッタンにおけるオフィスビル全体の募集賃料は、第2四半期に平方フィート当たりの単価(psf)が前期比$0.92上昇して$71.64psfとなり、グレードAオフィスの募集賃料は同$1.55psf上昇し$79.09psfとなった。ミッドタウンの募集賃料は、グレードAオフィスの募集賃料が前期比$2.01psf上昇し$83.52psfとなったことにより、全体では同$1.39psf上昇し$76.84psfとなった。これは新規供給された50 Hudson Yardsの2区画合計630,572sfによるものであり、Penn Stationの募集賃料は史上最高の$108.00psfに押し上げられた。ミッドタウン・サウスの募集賃料は、1245 Broadwayの竣工により前期比$0.35psf上昇して$71.69psfとなった。ダウンタウンの募集賃料は前期比$0.38psf減の$56.80psfとなり、1年前の$60.13psfから下落した。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208014585-O2-40l2i5n0】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208014585-O3-1rH7Rs4d

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208014585-O4-r8ovnAR4

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202208014585-O5-vvc92x75

‐以上‐



クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(ニューヨーク取引証券所:CWK)は、オキュパイヤーとオーナーの皆様に有意義な価値をもたらす世界有数の不動産サービス会社です。約60カ国400拠点に50,000人の従業員を擁しています。プロパティー・マネジメント、ファシリティー・マネジメント、プロジェクト・マネジメント、リーシング、キャピタル・マーケッツ、鑑定評価などのコア・サービス全体で、2021年の売上高は94億ドルを記録しました。詳しくは、公式ホームページhttps://www.cushmanwakefield.com/ja-jp/japan にアクセスするか公式ツイッター @CushWake をフォロー下さい。