登呂遺跡と歩んだ50年の歴史を、静岡市の歴史とともに紹介 企画展「登呂博今昔ものがたり」開催
静岡市
更新日時:8月3日 12時16分

静岡市立登呂博物館 開館50周年記念 企画展

 静岡市は、開館50周年を迎えた静岡市立登呂博物館(静岡市駿河区登呂5-10-5)において、登呂博物館 夏季企画展「登呂博今昔ものがたり」を7月9日(土)~8月28日(日)に開催いたします。
 登呂博物館は、半世紀もの間、登呂遺跡の歴史的価値を後世に伝えるための拠点施設として、参加体験 型の展示を導入するなど、試行錯誤を繰り返しながら進化してきました。
 本展では、登呂博物館が開館した昭和47年(1972年)から、登呂遺跡と歩んだ50年の歴史を、静岡市 の歴史とともに紹介します。概要は以下の通りです。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O5-gWxBxH98
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O1-xe98OjXs
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O2-09Z5Nu3q
本展の見どころ
★歴代特別展・企画展のポスターが一挙に見られます!!
第一回特別展が実施された昭和49年(1973年)から約50年間、登呂博物館では様々な特別展・ 企画展が開催されました。歴代ポスター・チラシを、一挙にご紹介します。 

展示構成
序章 静岡考古館の誕生
 登呂博物館が本格始動する前、登呂遺跡で発掘された資料を公開するため、「静岡考古館」という展示施 設がありました。この章では、静岡考古館の様子と、この時期に取り組まれていた出土物の復元の取組につ いて紹介します。

第1章 登呂博物館、はじまる。
 大勢の人が一目見ただけで登呂ムラの様子がわかるように、「登呂遺跡公園」と「登呂博物館」が誕生し ました。登呂遺跡は観光資源としても活用され、登呂遺跡に関連した様々な土産が売り出されました。また、 この時期に試みられていた体験事業の取組が後の参加体験ミュージアム誕生につながります。この章では、 開館当初の登呂博物館と体験事業の様子を紹介します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O7-Niv6Mfzn
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O6-hkumw093
第2章 参加体験ミュージアム、はじまる。
 これまでに数々の体験を実施した実績の積み重ねから、ガラス越しに見る展示だけではなく、来館者が疑 似体験を通して学習できる展示方法が試みられました。こうして誕生した参加体験ミュージアムの様子や、 登呂遺跡を再評価するために行われた登呂遺跡再発掘調査の様子を紹介します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O3-0fE7pqk0
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O10-Ll59pwDL
第3章 登呂遺跡・登呂博物館、再整備・リニューアル。
 登呂遺跡再発掘調査を元に、登呂遺跡公園が再整備されるとともに、老朽化した登呂博物館の建物も一新 され、登呂博物館が平成22年(2010年)にリニューアルオープンしました。この章では、リニューアル オープン時の主な出来事を紹介します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O11-sAA2nez4
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O8-1anS02aQ
開催概要
タイトル:静岡市立登呂博物館開館50周年記念 企画展「登呂博今昔ものがたり」
会 期:2022年7月9日(土)~ 8月28日(日)
   ※休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
   ※臨時休館、開館あり
開館時間:9:00~16:30
会 場:静岡市立登呂博物館(〒422-8033 静岡市駿河区登呂5-10-5)
アクセス:JR「静岡駅」南口より、バス 石田街道線「登呂遺跡」下車もしくは
      「登呂遺跡入口」下車、徒歩約5分。 
観 覧 料 :一般300(220)円、高校生・大学生200円(150)円、小学生・中学生50(40)円
    ※( )内は30名以上の団体料金
    ※未就学児、静岡市内在住の70歳以上の方・小中学生(通学含む)無料。
    ※障がい者手帳等の提示により、本人及び同伴者1名は無料。
問い合わせ:静岡市 文化財課 登呂博物館 054-285-0476
WEBサイト:https://www.shizuoka-toromuseum.jp
公式twitter:静岡市立登呂博物館(@torohaku_torobe)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O12-fu8Z2gvs

◆静岡市立登呂博物館について
 国の特別史跡に指定されている、弥生時代の集落・水田遺跡「登呂遺跡」。登呂博物館は、その価値 と意義を未来まで伝えていくための博物館として、昭和47年(1972年)に開館しました。
現在の建物は、平成18年(2006年)~23年(2011年)にかけて行われた登呂遺跡再整備工事に伴って 平成22年(2010年)に全面リニューアルオープンしました。
 登呂遺跡の発掘調査によって明らかにされた、稲作農耕文化とそ の発掘調査がもたらした意義を博物 館活動の中心テーマに据え、博物館の内外でさまざまな活動を展開します。そして、登呂遺跡が伝える 歴史や文化あるいは地域について、豊かな実感を持って学ぶことができる場となり、人々の活気にあふ れる集いと温もりのある交流を生み出していく役割を果たします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O9-wqG2yv76
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202207053435-O4-3iUigFFC
関連事業
■講演会 「登呂博物館の50年」
 登呂博物館が試行錯誤を繰り返した50年を振り返ります。
◎イベント情報
 日時 令和4年8月13日(土)13:30~15:00
 場所 登呂博物館1階 登呂交流ホール
 講師 中野 宥(元登呂博物館学芸員)
 対象 どなたでも
 定員 30人(要予約、先着順)
 料金 100円
 申込 令和4年7月12日(火)8:00~令和4年8月10日(水)20:00
   静岡市コールセンター(☎054-200-4894)にて電話受付
   ※コールセンター受付時間 平 日:8:00~20:00、土日祝:8:00~17:00

■イベント 「プラモデルで登呂ムラをつくろう」
 登呂遺跡の復元住居・高床倉庫をプラモデルで作り、展示中の登呂博物館
 ジオラマと一緒に写真撮影をします。
◎イベント情報
 日時 令和4年7月31日(日)10:00~15:00
 場所 登呂博物館1階 登呂交流ホール
 対象 小学4年生以上6人
 料金 1,300円
 申込 令和4年7月9日(土)9:00~登呂博物館(☎054-285-0476)にて電話受付
 持ち物:写真撮影ができるもの(カメラ・スマートフォンなど)

■展示解説
 当展示の魅力や見どころを解説します。
令和4年7月9日(土)、7月30日(土)、8月21日(日)
各日11:00~、14:00~
場所 登呂博物館 2階 特別・企画展示室
費用 無料(要観覧料)

  

WEBサイト QRコード
登呂遺跡重要文化財指定書
トロベー誕生
登呂遺跡
登呂遺跡再発掘調査結果を元にした登呂遺跡ジオラマ
登呂最中包装紙
旧静岡市立登呂博物館 ジオラマ
第1回特別展「あかり」 ポスター
参加体験ミュージアム 紹介ポスター
体験展示室の様子
静岡市立登呂博物館
丸木舟乗船体験の様子