原材料高による草対策コストの上昇を抑えるシミュレーションアプリを無料公開
株式会社環境機材販売
更新日時:6月21日 15時30分

誰でも簡単に草対策コストの比較を行い、経費の削減をシミュレーションできます

現在毎日のように世界的な原材料高による商品の値上げのニュースが報じられていますが、太陽光発電など年間収入が一定の施設での草対策のコストの上昇は即、収益の減少に繋がります。
そこで、株式会社環境機材販売(東京都江東区有明3-6-11)代表加藤剛紀は太陽光発電所や、大型の施設での草対策の方法別管理コストを把握し、費用の上昇を予見し改善できるシミュレーションをホームページで無料でお使いいただけるように致しました。
これにより誰もが簡単に、現在の管理コストを把握し、将来に向けた節約方法を見つける事が出来ます。

■ 草対策の方法別のコストの比較
1000㎡当たりの太陽光発電所及び大型設備で使用されている代表的な草対策方法を複数プログラム化されております。草刈りによる草対策、砕石による草対策、耐候年数別の防草シートなど、条件を入力するだけで現状のコストの把握が出来、 方法別の草対策費用の比較が出来ます。
更に任意のインフレ率を入力するだけで将来に及ぶ費用の増加と、コストを抑える方法や対策が見つかります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206202724-O1-l2V648cT

■社会インフラとして太陽光発電所は30年以上の寿命が求められております。
脱炭素社会の実現の為、国より太陽光発電所の長期に及ぶ発電事業化が求められております。
草対策のより一層の低コスト化を図り、安定経営を目指しバランスの良い管理方法を見つけてください。

環境機材販売  防草シート「ネクスト」商品紹介サイト
http://www.kankyo-kizai.com/bousou-sheet/

商品紹介サイト内 雑草対策によるコストシミュレーション
http://www.kankyo-kizai.com/bousou-sheet/cost_weedctrl.htm

各草対策ごとのコスト比較グラフ