不整脈などの自覚症状のある時に心電図を自分で記録。心房細動の早期発見・早期治療をサポート。
オムロンヘルスケア株式会社
更新日時:6月22日 12時00分

心疾患予防事業の強化に向け携帯型心電計HCG-8060Tを発売。6月22日より。

オムロン ヘルスケア株式会社 (本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下、当社)は、不整脈のひとつである心房細動の早期発見・早期治療に役立つ「オムロン 携帯型心電計 HCG-8060T」(以下、携帯型心電計)を2022年6月22日より日本国内で発売します。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O19-eibUE028

このたび発売する携帯型心電計は、不整脈や動悸などの自覚症状を感じた時に自分で心電図を記録することができます。記録した心電図を医師と共有することで心房細動の早期発見、治療をサポートします。記録できる心電図は2種類です。両手人差し指と中指を本体おもて面の電極に触れて記録するⅠ誘導心電図と、本体おもて面の電極に親指をあてながら左足(ひざ上または足首の内側)の肌と本体うら面の電極を密着させて記録する6誘導心電図です。医師の判読により、Ⅰ誘導では心房細動、6誘導では心房細動に加え心房細動以外の様々な不整脈の確認が可能です。

Ⅰ誘導の場合
    
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O24-L8NqaRXN

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O26-sD327EXq

 

6誘導の場合
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O18-dVedXd4V
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O20-BmKB9TMU
本体おもて面の電極に親指をあてながら左足(ひざ上または足首の内側)の肌と、
本体うら面の電極を密着させて記録する

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O25-aRHv0k5Q

心電図は当社のスマートフォン健康管理アプリ「OMRON connect(オムロンコネクト)」で表示されます。さらにアプリ上で「心房細動の可能性」など6種類のパターンで解析結果も確認できます。また、記録した心電図は印刷やメールにデータ添付ができるので、医師との共有も可能です。


心房細動は早期に治療できれば完治する可能性が高まると言われています。治療には発症時に記録した心電図が必要です。しかし、心房細動の症状は、いつ発生するか分からず、症状を感じても治まることも多いため、健康診断時だけで症状を感じている時の心電図を記録することは困難です。また、当社で実施した心房細動に関する意識調査では、普段の生活で脈の乱れを感じたことがある人のうち約8割が「何もしていない」と回答しています。*1 このことからも何らかの違和感を認識しつつも、その後放置している人が多いことがわかります。(図1)

質問「脈の乱れを感じたときの行動について教えてください」 (脈の乱れを感じたことがあると回答した高血圧患者196名 対象)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O8-Xtx2FZ1x
図1 回答結果(2021年3月 オムロン ヘルスケア調べ)

当社では、循環器事業の事業ビジョンに「脳・心血管疾患の発症ゼロ(ゼロイベント)」を掲げ、今年3月には日本初となる心電計付き上腕式血圧計「HCR-7800T」を発売し、心房細動の発症リスクが高い高血圧患者の心房細動の早期発見に取り組んでいます。さらに、心房細動を早期に発見する機会創出を目指し全国の薬局で心電計付き上腕式血圧計を活用した「心電図記録による受診勧奨モデル」の拡大を進めています。

今回発売する携帯型心電計では、脈の乱れなど心房細動に関連する症状を自覚している方が、いつでもどこでも心電図を記録し、医師と共有する等の早期治療をサポートすることを目指しています。これらの取り組みを社会全体に浸透させることで心疾患予防を促進し、ゼロイベントの実現を目指します。

■心房細動とは
「心房細動」を発症すると、心臓の心房内に流れる電気信号が乱れ、心房が痙攣したように細かく震えて血液をうまく全身に送り出せなくなる病気です。血栓ができやすくなり、治療せずに放置しておくと血栓が血流により脳に運ばれ血管に詰まり、脳梗塞を発症する恐れがあります。(図2)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O9-a73d0COo】 図2:心房細動が脳梗塞を引き起こす仕組み(心原性脳塞栓症)

心房細動は加齢とともに増えると言われており、2020年の日本の推定患者数は100万人ですが(図3)、高齢化に伴い今後さらなる増加が見込まれます。今後さらに注視すべき健康課題といえます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O28-m6qtYI6W
Ohsawa M, et al, : J Epidemiol 2005 : 15 : 194-196
 
■携帯型心電計 HCG-8060T 概要
主な特長
・Ⅰ誘導、6誘導の心電図を記録できる
・記録した心電図はスマートフォンアプリで表示
・心電図を6つのパターンに解析し、解析結果はスマートフォンアプリで表示
<解析パターン)
  ・心房細動の可能性:心房細動が検出された際に表示
  ・正常な洞調律:異常な収縮がない正常な洞調律の際に表示
  ・徐脈:収縮リズムが正常で心拍が遅め(40~50拍)の際に表示
  ・頻脈:収縮リズムが正常で心拍が速め(101~140拍)の際に表示
  ・分類できません:上の4項目に該当しない際に表示
  ・解析できません:心電図を正しく読み取れなかった際に表示
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O21-0i44y3mE
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O22-1Yxo2xg9

 
・携帯しやすいコンパクトサイズ(約縦30×横90×厚さ7.4mm)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O13-52zNs6ux】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O14-d31Wdu6r】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O15-V74l9pIx

・記録結果を保存、PDF 等への結果出力も可能。印刷やメールを使って心電図を医師と共有できます。

 
■年間販売目標:発売後1年間 3,000台(国内)
*本製品は医師や医療関係者の指示により購入できる特定保守管理医療機器です

■携帯型心電計 HCG-8060Tの主な仕様

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O29-3mK9xj0i

■オムロンヘルスケアの新長期ビジョンSF2030動画
 オムロングループの新長期ビジョン"Shaping the Future 2030"のもと、オムロン ヘルスケアは「"Going for ZERO"~予防医療で世界を健康に~」をヘルスケア事業のビジョンに掲げ、脳・心血管疾患イベントゼロ、呼吸疾患増悪ゼロ、慢性痛による日常活動制限ゼロに取り組んでいます。長期ビジョンについては動画および特別ページで紹介しています。
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=bim7KXZtruA
Webページ:https://www.healthcare.omron.co.jp/corp/sf2030/
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O16-6Q9pm6sh】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206172674-O17-RF2qBPoT
             動画イメージ①      動画イメージ②

Ⅰ誘導記録②
Ⅰ誘導記録①
図1
図2
6誘導記録の様子①
6誘導記録の様子②
アプリ画面①(正常な洞調律)
アプリ画面②(心房細動の可能性)
HCG-8060T 仕様②
6誘導心電図
Ⅰ誘導心電図
図3:日本における慢性心房細動患者数の推移および今後の予測