持続可能な医薬品輸送NWの構築に向け、岡山県和気町・徳島県那賀町とドローン輸送に関する協定を締結
ヤマトホールディングス株式会社
更新日時:10月22日 14時00分

2021年10月22日
ヤマト運輸株式会社

持続可能な医薬品輸送ネットワークの構築に向け、 岡山県和気町・徳島県那賀町とドローン輸送に関する協定を締結

ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾裕、以下「ヤマト運輸」)は、超高齢化社会が進む中、社会課題である地域医療体制の維持や地域間格差の解消、個別化医療への更なる進展に物流を通じて持続的に貢献するため、岡山県和気町、徳島県那賀町の両自治体と、ドローンを活用した医薬品輸送の実現可能性を検証する連携協定を10月22日に締結しました。



1. 背景
現在、医療分野においては、医療技術の発展による個別化医療の進展にくわえ、新型コロナウイルス感染症の影響によるオンライン診療や電話による服薬指導などの取り組みが急速に浸透しています。一方で、処方薬の受け取りに関しては、現状多くのお客さまが自身で調剤薬局などに直接取りに行く機会が多いですが、高齢化が進むにあたり、山岳部や地方を中心に配送に対する要望が高まることが想定されます。
ヤマト運輸は、これまで15年以上にわたり、医療機器や医薬品の流通に関わる物流課題に関して、調達から流通加工、温度管理を含むトレース管理や配送など、一貫した物流ソリューションを提供してきました。また、近年ではパートナー企業と連携し、遠隔処方領域における調剤薬局などへの物流サービスを積極的に提供してきました。
今回、岡山県和気町、徳島県那賀町の両自治体と各々連携協定を締結し、地域における持続可能な医薬品輸送ネットワークの構築に向け、実際の運用を想定し、物流拠点から病院や調剤薬局までの拠点間輸送にくわえ、処方薬やスペシャリティ医薬なども視野に入れたドローンによる個人宅への配送の実証実験も行い、ドローンを活用した医薬品輸送ネットワークの実現可能性を検証します。

2. 連携協定の概要
ヤマト運輸と岡山県和気町、徳島県那賀町の各自治体が本検証にあたり、締結した連携協定の主な内容は以下の通りです。
(1)本検証の計画を作成するために必要な情報提供
(2)関係団体、地域住民等への説明、理解、協力の確保
(3)本検証を遂行するために必要な許可の取得支援
(4)処方後の処方箋薬の供給、オンライン診療・服薬指導
(5)卸業者による医薬品輸送
(6)その他、本検証を遂行するために必要とする支援

3. 実証実験期間(予定)
岡山県和気町:2021年11月下旬 
                    ※詳細は、11月上旬にご案内を予定しております。
徳島県那賀町:2021年度内

                                                                                                                            以上

【お問い合せ先】
一般の方
ヤマト運輸株式会社 コールセンター TEL:0120-01-9625

アドバンスマーク