心に残るあの年を、大書と新聞記事で振り返る 企画展「今年の漢字®展」開催
公益財団法人日本漢字能力検定協会
更新日時:10月14日 14時00分

2021年10月14日
公益財団法人 日本漢字能力検定協会
漢検 漢字博物館・図書館

漢検 漢字博物館・図書館(以下 漢字ミュージアム)(本部:京都市東山区/館長:髙坂節三)は、企画展「今年の漢字®展」を開催します。実施概要は、下記の通りです。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O1-PA0HLHWd

■企画展概要

【企画展名】今年の漢字®展

【 期  間 】2021年10月27日(水)~2022年2月13日(日) 

【 場  所 】漢字ミュージアム 2階

【 内  容 】今回の「今年の漢字」展では、開始当初の1995年から2020年までの大書現物をすべて展示します。

        日本の世相の移り変わりを、迫力の大書とともにお楽しみください。

【 料  金 】漢字ミュージアムの入館料が必要

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O6-3tE9oMV6

 

「今年の漢字®」について  

※「今年の漢字」は(公財)日本漢字能力検定協会の登録商標

「今年の漢字」は、漢字の素晴らしさや意義を伝えるための啓発活動の一環として1995年に始まりました。主催は公益財団法人 日本漢字能力検定協会です。一年の世相を表す漢字一字を全国から募集し、最も応募数の多い漢字を12月12日(いい字一字)の「漢字の日」にちなんで、京都・清水寺で森清範貫主の揮毫(きごう)により発表。その後、一年の出来事を清めるとともに新年が明るい年になることを願い、清水寺にて奉納の儀式を行っています。

 

≪2021年「今年の漢字」募集予定≫

【応募期間】2021年11月1日(月)~12月6日(月)

【応募サイト】https://www.kanken.or.jp/kanji2021/

 

企画展の見どころ

見どころ①過去に揮毫された大書

開催初年の1995年から2020年までの大書現物を26枚すべて展示します。(画像は過去の企画展の様子)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O2-Y27sCS2s

 

見どころ②筆と墨入れ

大書の揮毫時に使用されたものと同じ「筆」と「墨入れ」を 展示します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O3-2O35hClq

 

見どころ③2021年「今年の漢字」の大書を展示予定

12月13日に京都・清水寺にて揮毫される2021年「今年の漢字」の大書を

12月23日(木)から展示予定。額装前の大書を鑑賞できる貴重な期間です。

(画像は2020年の大書)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O4-oNsa9506

見どころ④大書にあわせた額縁デザインにも注目

「今年の漢字」の大書を入れる額は、選ばれた漢字に合わせたデザインになっています。

1995年の初回から、株式会社京額が額装を担当されています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O5-RVXv1ma5

 

■「今年の漢字®」応募数1位の漢字と主な理由

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M103726/202110131512/_prw_OT1fl_lgSrNoG3.png

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O10-68PWRIPJ

 

漢字ミュージアムは京都・祇園に2016年6月29日に開館した日本初の漢字に特化したミュージアムです。京都市元弥栄中学校跡地に建設され、ただ漢字を見るだけでなく、触れる・学ぶ・楽しむ展示を通して、いくつもの驚きや発見を生み出す体験型ミュージアムです。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O7-wix53F67

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O8-w7oUW9L4

アクセス:

◆京阪本線『祇園四条駅』徒歩5分

◆阪急京都線『京都河原町駅』徒歩8分

◆地下鉄東西線『東山駅』徒歩10分

◆京都市バス『祇園』下車すぐ

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110131512-O9-9h2ibw0b

■施設概要

【所在地】〒605-0074 京都市東山区祇園町南側551番地

【電話】075-757-8686

【FAX】075-531-0340

【WEB】https://www.kanjimuseum.kyoto/

【入館料】大人800円 大学生・高校生500円 中学生・小学生300円 未就学児・障がい者 無料

【開館時間】 平日は11:00、土日祝は9:30開館(いずれも16:30最終入館)

【休館日】月曜・火曜休館(いずれも、休館日が祝日の場合は翌平日に振替)、冬休みは変則的

 

漢字ミュージアムロゴ
map
12月23日(木)より2021年の「今年の漢字」を展示予定(画像は2020年「密」)
額縁の紹介
紹介画像
漢字ミュージアム1
漢字ミュージアム2
大書の揮毫時に使用されたものと同じ「筆」と「墨入れ」
歴代26枚の大書を展示 (画像は過去の企画展の様子)
メインビジュアル