電通、NFTマーケット「FanTop」に参画し、IPのデジタル流通を推進
株式会社電通
更新日時:10月12日 13時45分

アニメやスポーツのファンにNFTを活用したデジタルアイテムで新しいファン体験創出へ

2021年10月12日
株式会社 電 通

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐 博、以下「電通」)は、株式会社メディアドゥ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:藤田 恭嗣、以下「メディアドゥ」)が本日サービスを開始したNFTマーケットプレイス「FanTop」に参画します。電通のコンテンツビジネスで培ったネットワークを活かし、IPホルダーの持つアニメやマンガなどのエンターテインメントやスポーツコンテンツのFanTopへの出品を促進するほか、新しいファン体験の創出、新たなファンとの関係性構築の支援・推進を行います。

 NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)は、ブロックチェーン上で発行される代替不可能なトークンで、保有者情報の改ざんが困難なことから映像コンテンツやアート作品のデジタルデータと作者や保有者のデータを結び付けることで著作証明、保有証明を付けた形での流通が始まっており、各コンテンツホルダーのNFTビジネス参入が進んでいます。
 FanTopは、アニメやマンガ、スポーツなどのエンターテインメントコンテンツ、作家・アーティストを愛するファンが「欲しい」と思うアイテムを、NFT付きのデジタル‟ファンアイテム”(ファン向けの収集品)として収集・鑑賞、ファン同士での共有、譲渡、売買まで最大限楽しめることを目指したNFTマーケットプレイスです。NFTの活用により、ブロックチェーン上に保有者の記録が残り、IPホルダーとファンとの新しい関係構築が可能となります。年内には、仮想空間に獲得したアイテムを展示する機能、自室や外でアイテムの鑑賞を楽しめるAR機能などを搭載したビューアアプリや、ユーザー同士がアイテムを売買できる二次流通機能をリリース予定です。ユーザー間で売買される際にはIPホルダーも収益が得られる仕組みとなります。

 電通はマーケティングやコンテンツビジネスで得た知見を活かし、ファン心理に基づくデジタルアイテムの企画・制作を行います。また、日本のアニメとマンガに特化した世界最大級のコミュニティー&データベースサイトを運営する「MyAnimeList」と連携し、海外のファンに向けたデジタルアイテムの企画・制作も推進していきます。

<電通の役割>
1 さまざまなIPホルダーに対してFanTopへの出品を促進
2 デジタルならではの新しいユーザー体験を生み出すデジタルアイテムを企画・制作
3 広告スポンサーに対して広告キャンペーンでのNFT活用の促進 など

 電通は、これまでのコンテンツビジネスから得た様々なIPホルダーとのネットワークを活用し、メディアドゥとFanTop 利用拡大を推進していくとともに、NFTを活用した新たなファン体験、価値創造を目指します。

 

 

以上

 

 

【事業に関する問い合わせ先】
株式会社電通 コンテンツビジネス・デザイン・センター アニメビジネス開発部
       武田、渡邊
       Email:cbdc-info@dentsu.co.jp