千葉県佐倉市ユーカリが丘において、9月15日より、鉄道・バスでの顔認証乗車システム実証実験を開始
山万株式会社
更新日時:9月13日 16時00分

2021年9月13日

山万株式会社
パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社
ジョルダン株式会社

千葉県佐倉市ユーカリが丘において、9月15日より、鉄道・バスでの顔認証乗車システム実証実験を開始

千葉県佐倉市ユーカリが丘を開発する街づくり企業・山万株式会社(本社:東京都中央区日本橋小網町6番1号、代表取締役:嶋田 哲夫、以下「山万」)と、パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社(本社:東京都中央区、社長:樋口 泰行、以下CNS社*)、ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤俊和、以下「ジョルダン」)は、2021年9月15日(水)より、山万が開発するユーカリが丘ニュータウンにおいて、新交通システム山万ユーカリが丘線とコミュニティバスの複数の交通サービスを非接触でシームレスに利用するための顔認証乗車実証実験を開始します。

本実証実験では、パナソニックが提供する顔認証技術とジョルダンが提供する決済・チケット管理システム「JorudanStyle3.1」を用い、非接触・非対面での本人確認とチケット確認、乗車管理を行うことで、シームレスな乗車を利用者の「顔」一つで実現できるようになります。

すでに、2021 年5 月10 日より、バスでの顔認証乗車によるシステムの実証実験を開始しており、今回新たに鉄道でのサービスを追加することで、複数の交通機関の連携を通じて、利用者のニーズに対応した効率的で良好な交通環境(マルチモーダル交通体系) の提供を行います。

鉄道駅には、パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社が開発した業界初注となるフラッパーレスでポール型の新デザインを採用した顔認証ポールを各駅の改札に設置し、通行者の本人確認を行い、ジョルダンの決済・チケット管理システムでチケット情報確認を即時に実施し通行を管理します。近未来を想像させる新しい公共交通スタイルの可能性、利用者の利便性、実用性、街のサービスとしてのあり方の検討と構築の実証を通じて3 社で取り組んでいきます。


実証実験の概要は、下記の通りです。

- 記 -
【顔認証乗車システム実証実験概要】

実証実験期間: 2021年9月15日~2022年1月31日(予定)

対象路線: ユーカリが丘コミュニティバス1系統/2系統/3系統/101系統/
102・103系統及び山万ユーカリが丘線全駅(6駅)

対象券種: 普通乗車券、定期券

モニター数: 約100名


【参考:「ユーカリが丘」概要】
1971年に開発が開始された、千葉県佐倉市に立地する総開発面積245ha(計画総人口約3万人)のニュータウンで、山万株式会社が開発を手掛けています。「自然と都市機能が調和した新環境都市」を目指し、京成本線ユーカリが丘駅周辺の住宅・商業一体の超高層立体開発と、新交通システム「山万ユーカリが丘線」の各駅徒歩10分圏内に展開される一戸建の平面開発を行っています。(2021年8月末現在人口:18,809人、世帯数:7,764世帯)

【参考:パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社概要】
https://www.panasonic.com/jp/corporate/cns/company.html
※パナソニックグループの持株会社制への移行にともないパナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社は 2022年4月より、「パナソニック コネクト株式会社」に変わります。

【参考:ジョルダン株式会社概要】
1979年12月に設立したジョルダン株式会社は、乗換案内を中心とするソフトウェア開発や携帯コンテンツ事業を軸に、旅行業などのビジネスを展開し組み合わせることで、「移動に関するNo.1 ICTカンパニー」としての地位を確立することを経営戦略として掲げています。ジョルダンの主要サービスである「乗換案内」のスマートフォンアプリは累計3,000万ダウンロードを越え、多くのユーザーの「移動」をサポートしています。また、2018年7月、J MaaS株式会社を設立し、交通サービスのプラットフォームへの参画企業を募るなど、MaaSビジネスを積極的に展開しています

注:鉄道改札機として。パナソニック調べ。

【山万ユーカリが丘線ユーカリが丘駅改札口】【顔認証のイメージ】
【山万ユーカリが丘線ユーカリが丘駅改札口】【顔認証のイメージ】
【バス設置の顔認証端末】