電通グループ、VR関連事業を展開する国内スタートアップ「ambr」に出資
株式会社電通グループ
更新日時:5月13日 11時00分

2021年5月13日

株式会社 電通グループ

代表取締役社長執行役員 山本 敏博

(東証第1部 証券コード:4324)

 

電通グループ、VR関連事業を展開する国内スタートアップ「ambr」に出資


株式会社電通グループ(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、VRプラットフォーム事業「仮想世界ambr(アンバー)」やVRクリエイティブスタジオ事業「ambr VR Studio」を展開する「株式会社ambr」(本社:東京都世田谷区、代表取締役:西村 拓也、以下「ambr社」)に出資しました。

 

出資の背景には、5G(第5世代移動通信システム)導入の本格化やコロナ禍におけるデジタル活用の進展に伴い、XRトランスフォーメーションへのニーズが急速に高まってきたことがあります。

ambr社は、VRテクノロジーを活用したアジャイル開発のノウハウを有しており、VRならではのエンドユーザー体験設計やユースケースの創造を行っています。より具体的には、ユーザーが繰り返し訪れたくなる、そして新しいユーザーを招き入れたくなるようなVRプラットフォームや、ユーザーやコミュニティーと共に発展していく仮想世界の構築を支援するVRソリューションの開発・提供を推進しており、特にVR空間内を動き回って世界観の体験を拡張する回遊型バーチャル基盤を用いた「コミュニティーVRプラットフォーム」や「EXPO VRプラットフォーム」の創造を得意としています。

 

当社グループは今回の出資を機に、こうしたambr社のVRケイパビリティーと当社グループならではの事業開発力、クリエイティビティー、ネットワークを掛け合わせることで、世界中の人々の体験価値をVRテクノロジーで進化させる新しいコミュニケーションやインタラクションをグローバルに創り出していくと共に、XR領域における3D広告、コマース、データマネジメントなどグループとしてのR&D施策の推進を加速させていきます。

その中核を担うのは、世界145カ国・地域で事業展開する当社グループ全体のR&Dを推進する当社内組織「電通イノベーションイニシアティブ」(以下「DII」)のXRチームであり、DIIは電通ジャパンネットワーク※1 5社(㈱電通、㈱電通テック、㈱電通ライブ、㈱電通デジタル、㈱電通国際情報サービス)と共同で本年2月に発足させた共創型組織「XRX STUDIO(エックスアールエックス スタジオ)」※2と連携することで、顧客企業・パートナー企業との共創とそれぞれの事業成長を実現していきます。

 

 

<ambr社の概要>

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105945/202105134806/_prw_PT1fl_GSt55LRY.png

 

 

※1:電通ジャパンネットワーク(DJN)は、株式会社電通グループの社内カンパニーであり、国内に展開する事業会社 

約130社を支援しています。またDJNは、それらグループ会社で構成されるネットワークそのものを指します。

URL:https://www.japan.dentsu.com/jp/

※2:XRX STUDIOの詳細につきましては、https://www.xrx.jp/ をご覧ください。

 

以 上