【武蔵野美術大学 美術館・図書館】展覧会「令和2年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」開催
学校法人武蔵野美術大学
更新日時:5月13日 13時43分

 
 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105084626-O4-3dELBbIB
 
武蔵野美術大学 美術館・図書館では、「令和2年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」を開催します。

◆本展の趣旨◆
 武蔵野美術大学は、2019年に造形構想学部と大学院造形構想研究科を開設し、2学部12学科・大学院14コースの新体制になりました。2021年3月には大学院造形構想研究科の第一期生による修了制作・論文が発表され、今回は同研究科を加えて初の卒業・修了制作 優秀作品展開催となります。
 毎年の卒業制作および大学院修了制作では、特に優れた作品や研究成果を発表した学生に対し「優秀賞」が贈られます。「優秀作品展」はこれらの受賞作品が、学科やコースを越えて一堂に会した展覧会です。約100点の受賞作品は、学生が在学期間中に取り組んできた制作・研究の集大成であり、これらの作品を総覧する事で、本学の美術教育における現在とこれからの美術やデザインにおける卒業生の可能性を感じていただければ幸いです。
 また、本年は新型コロナウイルス感染症対策による学事変更にともない、4月開催から7月へと会期を変更し、各研究室の協力のもと出品作品についても選出したうえでの開催となります。

◆本展の見どころ◆
 本展では、美術館全体の空間を生かし、大小5つの展示室内では絵画やインスタレーション をはじめ、グラフィック、プロダクト、建築など様々な分野における作品と美術・デザイン諸分野の研究論文を展示します。吹き抜けの開放的なアトリウム空間には彫刻などの立体作品 が並び、館内にある美術館ホールでは、映画、アニメーションといった映像作品を上映します。
 学生は本学での学びを通じ、自らの表現あるいは社会の抱える問題に向き合い、探究した結果、学科や専攻領域にとらわれない新たな段階の表現をみせてくれることもあります。これら多彩で独創性あふれる作品が並ぶ本展は、活力に満ちた次世代の柔軟な発想に触れる機会となるでしょう。

◆展覧会概要◆
「令和2年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」
 会期:2021年7月12日(月)- 8月7日(土)
 会場:武蔵野美術大学美術館
 休館日:日曜日・祝日
 開館時間:10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
 入館料:無料
 主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
 ※開催内容は、変更になる場合がございます。関連企画等、最新情報は当館ウェブサイトでご確認ください。

 優秀賞受賞者一覧はこちら
 ※出品作品を選出した上での開催となります。

・武蔵野美術大学 美術館・図書館 ウェブサイト https://mauml.musabi.ac.jp
・「令和2年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」展覧会ページ https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/17281/

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105084626-O3-212Ay06c

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105084626-O2-G1Gk6D4W

 
◆広報用図版をご希望の方へ
・下記の事項をご参照の上、ご希望の図版と、必要事項をEメールにてお知らせください。
 (お名前、ご所属、電話番号、Eメールアドレス、媒体名、掲載号、発行予定日、コーナータイトル)
・希望図版のご指定がない場合は、図版1.本展メインヴィジュアルをお送りします。
・図版1.以外の画像をご希望の場合は、希望する図版番号をお知らせください。
・図版1.以外の画像を使用する場合は、作家名・作品名等を必ず明記してください。
・原則的には図版のトリミング、部分使用、文字載せはご遠慮ください。
・掲載内容確認のため、発行前にPDF等で原稿をお送りください。
・紙媒体は掲載見本のご寄贈(掲載ページのPDF可)、ウェブ媒体は掲載ページのURLのお知らせをお願いします。

図版10.「令和元年度 優秀作品展」展示風景 2020年
図版2〜9.優秀賞受賞作品
図版 1. メインヴィジュアル