革新的蓄電池開発のCONNEXX SYSTEMS エフ・シー・シーと資本業務提携
CONNEXX SYSTEMS株式会社
更新日時:4月28日 15時00分

2021/4/28
CONNEXX SYSTEMS株式会社

 この度、CONNEXX SYSTEMS株式会社(京都府相楽郡、代表取締役 塚本壽、以下「CONNEXX SYSTEMS」)は、株式会社エフ・シー・シー(静岡県浜松市、代表取締役社長:斎藤善敬、以下「FCC」)を引受先とする第三者割当増資を実施すると共に、FCCと共同研究開発契約を締結し、資本業務提携を致しました。

 

 CONNEXX SYSTEMSは、次世代型蓄電池開発を行う開発型スタートアップ企業です。現在、異種電池を複合して用途毎に最適なバッテリーシステムを実現するBIND Battery®や、これまでにない超高率充放電特性が様々な移動体やロボットの性能を大幅に高めるHYPER Battery™、鉄と空気の反応によりリチウムイオン電池の何倍ものエネルギーを溜めることができるSHUTTLE Battery™等、未来のエネルギー・システムを変革し得る、ユニークで革新的な蓄電池術の開発、展開に取り組んでおります。

 

 FCCは、新事業創出を重点方針に掲げ、家庭用発電機等に用いられる燃料電池スタックの開発に取り組んでおり、クラッチ摩擦材製造で培った抄紙技術を用いた高性能ペーパーを組み込むことで、従来の固体酸化物型燃料電池(SOFC)に付随する改質器と気化器を不要とし、コンパクトかつ低コストで、温室効果ガス排出低減につながる高効率な発電を可能にする研究に取り組んでおります。

 

 本資本業務提携により、CONNEXX SYSTEMSとFCCとは、双方の技術を融合してSHUTTLE Battery™の実用化開発を加速し、これまでにない新たな蓄エネデバイスの製品化を進める計画です。

 

 CONNEXX SYSTEMSは、引き続き様々な企業、アカデミアとのアライアンスを促進し、クリーンでレジリエントな社会基盤の構築に資するべく、事業のより一層の加速を図って参ります。

 

【FCCの概要】

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104532/202104284297/_prw_PT1fl_1Y0511rd.png





【CONNEXX SYSTEMSの概要】

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104532/202104284297/_prw_PT2fl_gFp99PX7.png

以上