福井県が「ジュラシック・パーク」化。Jタウンネットご当地コラムで掲載開始
福井県
更新日時:10月30日 15時00分

恐竜ホテル、恐竜ポスト、恐竜マンホール。恐竜王国福井で恐竜づくしの道中記

 恐竜の化石が多数発掘されることから「恐竜王国 福井」と呼ばれる福井県が「完全に『ジュラシック・パーク化』している」との内容のご当地情報コラムが、インターネットニュースサイト「Jタウンネット」(https://j-town.net/column/gotochicolumn/313943.html )で掲載開始となりましたので、お知らせいたします。福井県内のさまざまな場所に設置された恐竜モニュメントやアイコンを数多く紹介しています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010296436-O1-mPHdb2RW

Jタウンネットご当地コラムから

 コラムタイトルは「ここはジュラシック・パーク?→いいえ、福井県です」。筆者がJR福井駅からえちぜん鉄道に乗り換え、化石発掘現場がある福井県勝山市の県立恐竜博物館およびその周辺を巡った際に見つけた「恐竜」に関するあらゆるものを紹介。各地に点在する大小さまざまな恐竜モニュメントや、恐竜の足跡などをした恐竜マンホール、恐竜が鎮座した郵便ポストなど、目に留まったスポットを写真とともに紹介しています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010296436-O2-bY590Nwc
Jタウンネットご当地コラムから

 コラムは、2023年春の北陸新幹線福井・敦賀開業に向け、首都圏等からの誘客に向けた情報発信強化の一環として、福井県がJタウンネット(㈱ジェイ・キャスト)とともに県内の魅力を紹介する連載企画の第2弾として掲載されたものです。第1弾は東尋坊を紹介しており、本年度内に3本以上を配信する予定です。福井県特集コラム一覧はこちらとなります→https://j-town.net/tokyo/feature/fukui.html

 

 

もし現代に恐竜が生きていたら...。
食われてみた