立冬に食べる野菜「冬瓜(トウガン)」 11月7日は冬の始まり「立冬」 、野菜で季節の変化を感じよう
タキイ種苗株式会社
更新日時:10月21日 14時00分

2020年11月21日
タキイ種苗株式会社

野菜で季節の変化を感じよう!
 11 月 7 日は、冬の始まりを意味する「立冬」
立冬に食べる野菜「冬瓜(トウガン)」
  
 タキイ種苗株式会社(所在地:京都市下京区)は、おうちにいる時間にも季節の変化を野菜で感じてもらおうと、冬の始まりを意味する「立冬」に食べる人が多いと言われている「トウガン」についてご紹介します。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O4-E8J5bsIe

  11月は紅葉シ-ズンでもあり、まだまだ秋を感じられる季節ですが、今年は11月7日頃~21日頃が「立冬」です。「立冬」は冬の始まりを意味し、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期でもあります。冬を向かえるにあたっては、収穫されたものを温かくして食べ、栄養を摂り、体調を整えることが最良の方法だと言われています。

 また、日本では立冬にトウガンを食べる人が多いようです。トウガンは漢字で「冬瓜」と書くので、冬が旬の野菜と思われがちですが、実は夏が旬の野菜です。皮が厚く中の水分が失われにくい特性があり、冷暗所に置いておけば“冬まで日持ちする”という意味からトウガンと名付けられたと言われています。

<タキイおすすめ>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O3-Ckk10s8G
果形は俵形のミニトウガンで、果肉はやわらかくておいしい!貯蔵性にも優れます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O9-4Se7gU6E
『長とうがん』
淡緑皮に白粉を被った円筒形で巨大果の品種。肉厚でボリュ-ム感たっぷり!

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O8-02aAB998

<栄養豊富で低カロリ-!?> 
◆カロリ-が低く、カリウム、カルシウム、マグネシウム食物繊維などを含みます。

◆ビタミンCも豊富! これからの季節は風邪対策にもおすすめです。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O8-02aAB998
<トウガンを使った料理>

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O6-lOuvla0B
 ▲『姫トウガン』の小海老と アスパラコンソメあんかけ果実は切り抜いて器に♪

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O1-thcE9qe2

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O7-m1wv8TLd

 約95%以上が水分でみずみずしく、味が淡泊で味付けしやすいため料理の幅も広いです。これからの季節は煮物やあんかけ、ス-プなど体がポカポカ温まる料理にもぴったりです!調理する時は、皮をむきすぎない方が過熱しても歯ごたえを残すことができます。アクが強いワタとタネはしっかり取り除いておきましょう。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O8-02aAB998
<おいしいトウガンの見分け方>
◆丸のまま売られているもの
 持った時にずしっと重たく、表面に白い粉が吹いているものが熟していておいしいです。トウガンは実が熟すと白い粉が付くのが特徴ですが、果実表面の日焼けを防ぐためともいわれています。これは品種によって違い、最近は全く粉が出ない品種もあります。その場合は傷んでいないか確認して、鮮やかな濃い緑色をしている方を選びましょう。

◆カットされている場合
 タネがしっかり詰まっていて、変色していないものがみずみずしく新鮮です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202010206005-O2-sca9i4ep
▲トウガンの花

 暑い夏が過ぎ、急に涼しくなったなと思っていると、冬がすぐ目の前にやってきます。おうち時間に「立冬」によく食べられているトウガンで色々な料理を楽しみながら、季節の変化をじっくり感じてみてください。

長とうがん
ポイント
トウガンカレー
『姫トウガン』の小海老とアスパラコンソメあんかけ
おすすめ
メインカット
姫とうがん
トウガンの花
「姫トウガン』のオイスターソース炒め