ヴァイサラ、スマート計測のための6種類の湿度温度/露点計測プローブと
ヴァイサラ株式会社
更新日時:2月13日 11時00分

--- 産業計測スマート化への可能性---

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202002106632-O1-DQHR90d0

[NewsRelease]
報道関係者各位
2020年2月13日
ヴァイサラ株式会社

 
ヴァイサラ、スマート計測のための6種類の湿度温度/露点計測プローブと 油中水分計測プローブの販売を開始
---産業計測スマート化への可能性---


ヴァイサラ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:ヴェリ・ソレフマイネン、以下ヴァイサラ)は、厳しい要件が求められる産業用途向けに設計された6種のスマートプローブを2月13日より販売開始いたします。
「HMP3湿度温度プローブ(以下、HMP3)」
「DMP5露点プローブ高温環境用(以下、DMP5)」
「DMP6露点計測用プローブ過酷な高温環境向け(以下、DMP6)」
「DMP7露点プローブ小スペース環境設置向け(以下、DMP7)」
「DMP8露点プローブ高圧パイプライン用(以下、DMP8)」
「MMP8オイル内水分プローブ(以下、MMP8)」

■迅速な応答性、長期安定性、豊富な仕様
この度新しく発売されたHMP3、DMP5、DMP6、DMP7、DMP8、MMP8の6種類のプローブは、
次世代の工業プロセスにおけるエネルギー節減や、プロセスの最適稼働、製品の品質向上のために、
露点、オイル内水分計測の新しい可能性の選択肢として、「ヴァイサラIndigo製品シリーズ」の
ラインアップに加わります。

 本プローブの主な機能で特筆すべき点は、正確で信頼できる計測データを収集しユーザに提供することで個々の現場でのプロセス効率を向上できるという点です。6種のプローブには次世代のセンサ技術が搭載されています。

全てのDMPプローブ、DMP5、DMP6、DMP7、DMP8には、ヴァイサラの独自技術であるDRYCAP®露点センサが搭載されており、低湿高温または高圧のプロセス環境においても最適化がなされています。
露点計測はオーブンや圧縮空気システムなど、多様な産業分野で特に重要視されています。
ヴァイサラのDRYCAP®センサは汚染粒子、結露、オイル蒸気、多くの化学物質に対して耐性があります。迅速な応答性と安定性で、雰囲気状態の変化が大きい環境や低露点環境での使用でも圧倒的な性能を発揮できるため、頻繁なメンテナンスによるプロセスの稼働停止時間を大幅に低減することが可能です。
MMP8オイル水分プローブでは、実績のある高分子薄膜静電容量式のヴァイサラ湿度センサHUMICAP®を搭載し、変圧器等の絶縁油やエンジンの潤滑油内の水分を連続で計測することができます。連続したトレンドを監視する事により高額な機器の故障や劣化、稼働停止等のトラブルの回避に役立てることができます。
同じくヴァイサラHUMICAP®を搭載したHMP3湿度温度プローブは、一般的な工業プロセス向けに設計されたプローブで、現場でのメンテナンスを柔軟に実施できます。頻繁な交換が必要となる用途に適しています。

本プローブは、「ヴァイサラIndigoシリーズ ホストデバイス」と互換性があり、Modbusプロトコルに対応しているため、Indigoシリーズホストデバイスに接続せずに単独で使用することもできます。Indigoシリーズホストデバイスと組合せてご使用頂けばオプションのディスプレイでデータを可視化したり、スマートフィン等を用いてWifi経由での容易なプローブ設定や電流・電圧、接点信号等の豊富な出力を使用頂けるメリットもございます。
またこれらのスマートプローブは、ヴァイサラInsightソフトウェア(無料)に対応しており、機能設定、計測値モニタリングが簡単に行えます。また、ヴァイサラInsightソフトウェアを使用することで、これまでよりスムーズに校正作業を実施できます。

■湿度・露点計測・オイル内水分計測のための多様なオプション
本プローブシリーズは計測が難しいといわれる露点やオイル内水分計測の中においても、
狭小スペース用、高温環境、高圧、または急激な湿度変化を伴う過酷な条件下でも優れた性能を発揮できるように設計されています。6種類のプローブから、用途に応じた最適なモデルを選択できます。

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT1fl_fMqQBIHM.png

 
■ ヴァイサラIndigo製品シリーズ
ヴァイサラIndigo製品シリーズには、交換可能で高性能な計測プローブ、オプションのホストデバイス、ヴァイサラInsightソフトウェアがあります。これらのプローブは、多くの実績を誇るセンサ技術であるヴァイサラHUMICAP®、DRYCAP®、CARBOCAP®、PEROXCAP®などを擁しています。これらのセンサ技術は、最新の産業プロセスにおいて業界屈指の性能を担保するために、絶えず開発を行っています。ヴァイサラIndigo製品シリーズは、工場や産業プロセス、装置中における湿度、露点、二酸化炭素、過酸化水素蒸気などの計測に最適です。詳細はwww.vaisala.com/ja/indigoをご覧ください。
各製品の詳細については添付資料を参照してください。




■ ヴァイサラについて
ヴァイサラ社は、環境/産業計測分野における世界的なリーディング企業です。当社は80年以上にわたる経験を活かし、より良い世界に向けた観測を提供します。ヴァイサラは世界各国のお客様にとって、革新的な観測・計測機器とサービスを総合的に提供できる信頼されるパートナーです。本社であるVaisalaOyjはフィンランドのヘルシンキにあり、世界各国に約1,600人の社員を有し、NASDAQHelsinkiに上場しています。当社に関する詳細は、www.vaisala.comおよびwww.twitter.com/VaisalaGroupをご覧ください。

●HUMICAP、CARBOCAP、PEROXCAPはヴァイサラ社の商標です。
●本報道発表資料に記載されている内容は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。

 
【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT2fl_sUzRX9Le.png

 
◆添付資料

■主な仕様

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT3fl_W0NxpLkD.png
   *校正基準に対する定義

 
【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT4fl_gt504V2g.png
    *モデルによって異なります

 

 

 

 

 

 

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT5fl_hCz9Le0y.png

 

*0~0.5aw の範囲内、非直線性、ヒステリシス、繰り返し性を含む

製品価格・製品写真

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT6fl_98l11k09.png

 
【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT7fl_W23GXH66.png

 
【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT8fl_aIbZ4cCo.png

 
【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT9fl_ryIwmV7J.png

 
【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT10fl_KB5p9g4h.png

 
【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M102897/202002106632/_prw_PT11fl_X0ulIN7O.png
※製品写真の画像データをご希望の場合は、弊社マーケティング部までご連絡ください。
- 7 -