2年ぶりにスラックライン最高峰の大会「GIBBON CUP」 7月24日岩手県、8月20日・21日山梨県で開催!
アルゴアクティブ株式会社
更新日時:6月23日 16時27分

ギボンスラックライン

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206162620-O1-h39uo6sR

日本スラックライン連盟
2022年7月と8月にスラックラインの最高峰の大会「GIBBON CUP」
(以下「同大会」)を開催決定。

= スラックラインとは =
スラックラインとは、幅5cmの綱の上で歩いたり跳んだりポーズを決めたりといった演技を行うライフスタイルスポーツです。2009年に日本に上陸すると迫力満点で見応えがあるため、アクロバティックな演技を披露するトリックラインが一躍 注目の的となりました。現在ではアクロバティックな技を楽しむだけではなく、年齢や性別などの制限無く、バランスやインナーマッスルを鍛えることができるスポーツとして、学校やフィットネスジム、アスリートのトレーニングや理学療法にも取り入れられています。世界中に300万人以上の愛好者がいると言われ、近年はテレビや雑誌などで取り上げられる機会も多く、認知度も高まりを見せています。

= GIBBON CUP =
世界各地で開催される最も歴史があるスラックラインの競技会で、日本全国で活躍するトップクラス選手及びアマチュア選手 が一堂に会し、日本国内では類の無いハイレベルでエキサイティングな戦いが繰り広げられます。今大会は日本スラックライン連盟2022年シリーズ戦の一環として行われます。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206162620-O2-VTG2Vazm

 
= GIBBON FESTIVAL =
スラックラインの楽しさや可能性を引き出すためのイベントとなります。フェスティバル内では、ロングライン(最長80m)コンテスト、ウォーターラインや体験会も開催します。 こちらは南アルプスフェスティバルの中で行われます。 日本で活動するロングライナーたちに注目です。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206162620-O3-xbIsiPIr

6月下旬に開催されるスラックラインのワールドカップがドイツで開催され、出場する日本代表選手も凱旋大会として出場を予定しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206162620-O4-bUgHkaPY

日本スラックライン連盟公認大会として、この夏の大会は国内ランキングに大きく影響する重要な大会です。
さらに、今年からアマチュアルーキー対象の「ルーキーチャレンジ」も開催され、スラックライン歴が浅い方でも大会の楽しさ魅力が伝わる大会になります。
スラックラインの迫力や魅力を感じられる素晴らしい大会になりますので、ぜひ観覧にお越しください。
初心者向けの体験会も開催予定です。

 
 大会名:GIBBON CUP 岩手
開催日時:2022年7月23日(土)・24日(日)
開催場所:岩手県花巻市 銀河モール花巻
    (岩手県花巻市高木第16地割68-6)

大会名:GIBBON CUP 山梨
開催日時:2022年8月20日(土)・21日(日)
開催場所:山梨県南アルプス市 北伊奈ケ湖

大会名:GIBBON FESTIVAL 2022
開催日時:2022年8月20日(土)・21日(日)
開催場所:山梨県南アルプス市 北伊奈ケ湖

= プレスの皆様へ =
会場の都合上 大会当日の取材は事前登録制とさせていただいております。
各大会開催4日前の16:00までに、メールまたはFAXで事前登録申請書をご提出ください。
事前登録申請書はプレスサイトから添付書類をダウンロードしてください。添付書類の確認が難しい場合は、【この件に関するお問い合わせ先】にご連絡ください。

Haruki
Soma
Rei
Ayumi