ジョルダン「乗換案内」  緊急事態宣言中の首都圏・関西圏の鉄道運休・減便に対応
ジョルダン株式会社
更新日時:4月30日 16時00分

2021年4月30日
ジョルダン株式会社

 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 俊和、以下ジョルダン)は、iOS / Android向けアプリおよびWEBサイト「乗換案内」にて、2021年4月25日からの新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴い首都圏・関西圏で実施される、鉄道の運休・減便等への対応を進めています。
 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に適用されたことに伴い、国および自治体からの要請を受け、対象地域を運行する鉄道事業者が緊急事態宣言の期間中(4月25日~5月11日)、列車の運休・減便等を実施・計画しています(※1) 。
 乗換案内では、これらの運休・減便等について順次対応を行っています(※2)。
 
 またこのほかにも、新型コロナウイルスの影響による鉄道の運休・減便等が各地で実施されており、これらの変更にも迅速に対応していきます。

 新型コロナウイルスの影響による運休・減便等の対応情報は、ジョルダンHPに随時掲載しています。    【新型コロナウイルスに伴う対応等について】 https://www.jorudan.co.jp/info/covid19/

 ジョルダンは引き続き、「withコロナ社会」の中で流動的な鉄道ダイヤにきめ細やかに対応し、外出が必要な場合にも安心して経路検索を利用できるよう取り組んでいきます。