新鋭のソウルバンド「WONK」長塚健斗、「YANAGIYA ヘアグリース」のイメージキャラクターに
株式会社柳屋本店
更新日時:8月8日 16時15分

2019年8月8日

株式会社柳屋本店

YANAGIYA ヘアグリース、イメージキャラクターに
WONKボーカリストの「長塚健斗」を起用

株式会社柳屋本店(所在地:東京都中央区 代表:外池)は、整髪料「YANAGIYA ヘアグリース」の新イメージキャラクターに、東京拠点に活動するエクスペリメンタル・ソウルバンド「WONK」のボーカリスト、「長塚健斗」さんを起用いたします。

「YANAGIYA ヘアグリース」は、ワックスよりも伸びが良く、ジェルのように固めずにセットできるヘアスタイリング剤です。個性と伝統を持つロングセラーブランドとして、多くの方に愛されてきました。

この度、イメージキャラクターへ起用を決定した「長塚健斗」さんは、新鋭のソウルバンド「WONK」のボーカリストとして多方面で活躍されており、長塚さんのこだわりを持つ考え方と、伝統・文化を愛する姿勢が、「YANAGIYA ヘアグリース」の持っている個性の強さと伝統と合致しました。今後は、ブランドの顔として活躍して頂く予定です。

今回の起用にあたり、長塚さんは「僕自身、気になるものがあれば、その生い立ちや背景を深掘りするのが好きです。なによりどんなものにおいても、その歴史に対してリスペクトする気持ちを常に持っています。柳屋本店の存在というのは、日本の化粧品の歴史におけるそれだと思います。ですから、今という時代に偉大な歴史と伝統を共にできる、今回の「YANAGIYA ヘアグリース」イメージキャラクター就任は、自分にとって非常に魅力的でした。」とのコメントを寄せてくださいました。

「YANAGIYAヘアグリース」 公式サイトはこちら。
http://yanagiya-grease.com

【長塚健斗(ながつかけんと)プロフィール】
1990年東京都生まれ。WONKボーカリスト
東京を拠点に活動する4人組エクスペリメンタル・ソウルバンド「WONK」のボーカリスト。SUMMER SONIC 2017、東京JAZZ、FUJI ROCK FESTIVAL '19、Greenroom Festival '18、ヨーロッパや台湾など海外公演にも出演など活動の枠を広げ、2019年より全国ツアーを開催。
ファッション面での活躍も多く、ファッション誌やアパレル・スポーツ・飲料ブランドのモデル出演をこなす。音楽のみならず食の分野の造詣も深く、ビストロの立ち上げに料理長を務めた経験やメディア出演もあり。
  
【YANAGIYA ヘアグリース】
ワックスよりも伸びが良く、ジェルのように固めずにセットでき、ツヤが一日持続する特長があります。ツヤを活かしたヘアスタイル(七三分け・ウェーブヘア・オールバック・ツーブロックなど)に適したスタイリング剤で、七三分けスタイルを筆頭にトラディショナルなヘアスタイルが見直されている昨今、こうしたヘアスタイルには、ガチッと固まらずに、しっかりスタイリングできる本ブランドが適しております。
ロカビリー人気の影響を受け、柳屋本店が1980年に発売した「柳屋グリース」、1986年に発売した「アピロ ウォーターグリース」の実績と経験に基づき、時代の変化に合わせて世に送り出してきた伝統のあるブランドです。

本内容に関するお問い合わせ先
■一般の方からのお問い合わせ先
㈱柳屋本店 広報課 ℡:03-3808-2761

キービジュアル
長塚健斗氏