メルコリゾーツが「インベスト・ キプロス・インターナショナル・インベストメント・アワード」を受賞
メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社
更新日時:7月10日 21時30分

2019年7月10日

メルコリゾーツ&エンターテインメントジャパン株式会社

メルコリゾーツが「インベスト・キプロス・インターナショナル・インベストメント・アワード」を受賞

メルコリゾーツは、キプロスにおいて重要な投資を行った企業を称える「インベスト・キプロス・インターナショナル・インベストメント・アワード(ICIIA)」を受賞しました。同賞はインベスト・キプロスが主催しており、今年で8回目を迎えます。現在メルコリゾーツは、ライセンスを取得してキプロス初の統合型カジノリゾート(ICR)となるシティ・オブ・ドリームス メディテレーニアンを開発中であり、2021年後期には世界中および現地からお客様をお招きする予定です。

今回、ICIIAを受賞したメルコグループの会長兼最高経営責任者ローレンス・ホー氏は、ヨーロッパ最大のICR建設及び運営を同社に託されたことについてキプロス政府に感謝の意を伝えるとともに、財務大臣のハリス・ヨルギアディス氏から賞を受け取り、次のように述べました。「メルコグループを代表し、このような賞を受賞できたことを大変光栄に思います。キプロスはとてつもなく大きな経済力を秘めており、今や国際投資家たちの注目を得ています。この国の美しさ、理想的な立地、規制やガバナンスに対する政府の積極的な取組みにより、どこにも負けないインバウンド投資を引き込めることは間違いありません」

「今日で施設の一部、キプロスカジノC2が開業して1周年を迎えます。すでにご承知のとおり、最高級の観光地としてこの島への関心は今急激に高まっています。シティ・オブ・ドリームス メディテレーニアンの全施設が開業した際には、この国の経済に計り知れないほどの効果をもたらすことでしょう。何万人もの観光客を呼び込み、数百件の雇用を創出し、季節によって直面する課題に真正面から取組むことができます」

インベスト・キプロスの取締役会長ミハリス・P.マイケル氏は、次のように述べています。「メルコリゾーツのキプロスへの貢献は、政府そして地元の住民から高い評価を受け、認められています。メルコリゾーツがこの地にヨーロッパ最大の統合型カジノリゾートを建設すると決めたことは、この国が秘める長期的な可能性世界中に力強いメッセージです。この開発計画により、キプロス全体の経済は大きく成長し、同時に我が国の観光プロダクトも最も長期的かつ持続可能な形で向上していきます。メルコリゾーツはこの産業におけるパイオニアであり、それは同社の投資先コミュニティに対する支援を見ても明らかです。メルコリゾーツは、キプロスの文化遺産が観光業界における投資の重要な要素であると考えており、その保護及び促進を促すために考古学的遺産の管理において我が国の古美術局と協力して支援していきます」
メルコグループは国際的な高級レジャー及びエンターテインメント業界において世界をけん引する存在であり、香港、マカオ、フィリピン、オーストラリア、イギリスにて運営を行っています。メルコリゾーツは“インテグレーテッド・カジノ・リゾーツ・キプロス・リミテッド(ICRキプロス)”コンソーシアムの1企業であり、CNSグループ傘下の“Cyprus Phassouri(Zakaki)Limited”と共同参画しています。同コンソーシアムはキプロスの統合型カジノリゾート及び島内4カ所のサテライト・カジノの建設、運営を担っています。

インベスト・キプロスとゴールド・マガジンが主催するこの名誉ある賞は、キプロスへの対外投資を対象に、キプロス経済に多大な貢献をもたらした国際投資家や事業を称えるものです。今年8回目となるインベスト・キプロス・インターナショナル・インベストメント・アワードは、キプロス共和国のニコス・アナスタシアディス大統領後援の下、7月上旬に大統領官邸にて開催されました。

メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドについて
アジアにおいてゲーミング事業およびエンターテインメントリゾート施設の開発、所有、運営を行う当社は、米国預託証券であるナスダック市場(NASDAQ: MLCO)に上場しています。当社は現在、マカオのタイパ島にあるホテルリゾーツであるアルティラ・マカオ(www.altiramacau.com)、マカオのコタイ地区にある統合型アーバンゲーミングリゾートであるシティ・オブ・ドリームス マカオを運営しています。マカオでは最大級の電子ゲーム機施設であるモカクラブ(www.mochaclubs.com)の事業展開も行っています。また、統合型エンターテインメントリゾートであるスタジオ・シティ(www.studiocity-macau.com)の過半数の株式を所有し、同施設の運営にも携わっています。マカオのコタイ地区にあるスタジオ・シティは、映画をテーマにしたリゾートとしてショッピングエリアとゲーミング施設を備えています。フィリピンでは現在、当社の子会社がシティ・オブ・ドリームス マニラ(www.cityofdreams.com.ph)を運営・管理しています。同施設はゲーミング、ホテル、エンターテインメント施設が統合されたリゾート施設であり、マニラの観光経済特区エンターテインメント・シティにあります。当社はクラウン・リゾーツ・リミテッドの持ち分を所有しています。同社はオーストラリア証券取引所の上場企業で、メルボルンとパースのクラウン・エンターテインメントコンプレックスを運営。イギリスでは、ライセンス認証されたロンドンのハイエンドカジノであるクラウン・アスピナルズを運営しています。同社の開発計画にはシドニー湾のバランガルー地区に建設予定のクラウン・シドニー・ホテル・リゾートも含まれています。またクラウン・リゾーツ・リミテッドはAspers Groupとノブの持ち分や、様々なデジタル事業の株式も所有しています。メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドの詳しい情報については、こちら(www.melco-group.com)をご覧ください。
メルコリゾーツ&エンターテインメント・リミテッドは、単独大株主であるメルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドが全面的にサポートしています。メルコ・インターナショナル・ディベロップメント・リミテッドは、香港証券取引所のメインボードに上場されており、ローレンス・ホーが同社の会長兼最高経営責任者(CEO)を務めています。