【オートメッセ】ゲーミング家具のバウヒュッテが初出展。「本格派レースゲーマー専用デスク」を体験しよう
ビーズ株式会社
更新日時:2月4日 12時30分

2019/02/04

ビーズ株式会社

【オートメッセ】ゲーミング家具のバウヒュッテが初出展。
「本格派レースゲーマー専用デスク」を体験しよう。

ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(R)(バウヒュッテ)」は、2019年2月9日~11日にインテックス大阪にて開催される「大阪オートメッセ2019」に初出展します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902012810-O33-SlN1gc3L

<「大阪オートメッセ2019」出展内容>
 本格的レースゲーマーのために構築したレーシングカー風レイアウト「レーサーズ・コックピット」と、寝姿勢でゲームが楽しめるドリームデスク「寝ながらゲームシステム」を展示します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902012810-O26-746aM7i4
 「レーサーズ・コックピット」は、初披露の”ミドルタイプ”と座椅子ゲーマー向けの”ロータイプ”の2種類を再現。今年発売予定の新製品もアイテムに加え、よりパワーアップした内容で展開します。まるでレーシングカーを実際に運転しているかのような臨場感と没入感を体験することが可能です。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902012810-O35-R7832N2k

<出展記念キャンペーン実施>
 大阪オートメッセ2019初出展を記念し、当日は会場限定のキャンペーン企画を実施します。バウヒュッテTwitter公式アカウントのフォローで、先着200名様にオリジナルデザインの「レーシングうまい棒」をプレゼントします。※詳細は、会場設置のポスターをご覧ください。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902012810-O8-V2849svU

<『デスク秘密基地化計画』とは>
 バウヒュッテは『デスク秘密基地化計画』をコンセプトに掲げ、ゲーマー向けに特化した家具の展開に注力しています。昇降式ゲーミングデスクやゲーミングチェアを中心に、机をL字デスク化できるワゴンや、デスク横に設置し天板面積を拡張できるサイドラックなど、オプション品に至るまで幅広くラインナップ。それらを組み合わせることで、予算・機能・サイズにあったオリジナルのゲーミング環境の構築を可能としました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201902012810-O36-J5NWz010

【デスク秘密基地化計画】
https://www.bauhutte.jp/bauhutte-life/making-gaming-desk/


<概要>
●展示会概要
【イベント名】大阪オートメッセ2019    
【公式サイト】https://www.automesse.jp/
【とき】2019年2月9日(土)、10日(日)、11日(月・祝) 
    9:00~18:00
【ところ】インテックス大阪(大阪国際見本市会場)

●Bauhutte出展概要
【ブランド名】Bauhutte(R)(バウヒュッテ) 
【ブース】1号館 1-SA2-3

※ Bauhutte(R)(バウヒュッテ)はビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)の自社ブランドです。

新製品のうちの一つ、SAゲーミングデスク(ミドルタイプ)
寝ながらゲームシステム
本格派レースゲーマーのために構築されたレイアウト
予算・機能・サイズにあったオリジナルのゲーミング環境の構築を目指す『デスク秘密基地化計画』
レーサーズ・コックピット
まるでレーシングカーを運転しているかのような臨場感が味わえる
オリジナルデザインの「レーシングうまい棒」
新製品のうちの一つ、SAゲーミングデスク(ロータイプ)