『(仮称)岩槻物流センター』2020年7月新設へ
シモハナ物流株式会社
更新日時:2月5日 08時00分

物流には 人の生活を変える力がある 
「もっとおいしく!!食文化にこだわる」
「標準化を進め、自動化に取り組む!!」
「人でしか出来ない仕事にこだわる!!」
を3つの基本コンセプトとし、シモハナ史上最もイノベーティブで、
従業員・荷主・社会に最高の満足をもたらす物流センターにします。

 シモハナ物流 株式会社(本社:広島県安芸郡坂町/代表取締役社長:下花 実)は、下記の通り埼玉県さいたま市岩槻区に、(仮称)岩槻物流センターの建設計画を進めてまいりますことをお知らせいたします。
 当社では、2011年に関東初の自社物流センターである厚木センターの新設を皮切りに、関東では、浦和第1センター(2014年)、浦和第2センター(2018年)と自社物流網を拡充し、物流サービスの向上に努めて参りました。
 新センターの建設によって今後一層のお客様へのサービスの向上と品質の向上に取り組み、お客様事業の発展に寄与してまいります。

                記

     (センター建設計画の概要)
      建設予定地     埼玉県さいたま市岩槻区柏崎(国道122号沿い)
      敷地面積        19,443.05㎡
      建設面積         9,910.63㎡
      延床面積        29,981.33㎡
      建設投資予定額       85億円
      雇用予定人数         450人
      超冷凍庫・冷凍庫・氷温庫・冷蔵庫・常温庫

             PRポイント
       ・ノンフロン自然冷媒(アンモニア)を使用
       ・自動倉庫(常温庫3,438PL・冷凍庫4,056PL)
       ・トレイ循環式ピースソーター(2機260間口)
       ・トラック予約受付システム(手待ち時間の削減)
       従業員の働きやすい環境づくりのために
       ・パレタイズロボット(8機)
       ・常温庫へ空調設備を導入
       危機管理
       ・非常用電源連結設備

     (今後のスケジュール)
      工事着工予定    2019年2月
      操業開始予定    2020年7月

                                          以上

(仮称)岩槻物流センター完成予定パース