マーケティングソリューションカンパニー「AIAD」が既存システム刷新!クラウドERP「MA-EYES」を採用
株式会社ビーブレイクシステムズ
更新日時:12月25日 14時00分

2018年12月25日

株式会社ビーブレイクシステムズ

マーケティング ソリューション カンパニー「AIAD」が既存システム刷新!
基幹システムにクラウドERP「MA-EYES」を採用

株式会社 ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:白岩 次郎、東証マザーズ上場:証券コード3986 以下「ビーブレイクシステムズ」)は、「株式会社AIAD(本社:大阪府大阪市、代表取締役:小西 聡 以下「AIAD」)」の新基幹システムに、クラウドERP『MA-EYES』の採用を決定し、本稼働に向けた取り組みを進めていることをお知らせいたします。

■導入前の背景:
AIADは、日本先駆けのファッション・コスメ業界に特化したトータル・ソリューショングループ(ワールド・モード・ホールディングス)のコミュニーケーション・デザイン、マーケティング事業を担う企業です。メディアありきの課題解決の提案に留まらず広告・PR・SP・CRM・OEM・ライセンス・EC・SNS・VMDなどのファンクションを自在に組み合わせ、顧客企業のマーケティングを包括的に支援するソリューションを提供しています。

導入以前は、長年利用してきたスクラッチで開発した既存の基幹業務システムが、「現在の業態と合わなくなってきた」「経営指標の基になるデータを取得することが困難である」「各種システムと連携(マスタ連携、会計連携)したい」という課題があり、既存システムの改修を検討していました。
しかし、「開発ベンダーの開発サポートを期待できない」「現行システムのOS保守サポート期限が迫っている」などの理由により、既存システムをメンテナンスして利用することは現実的ではないと判断し、新基幹システムの検討を開始しました。

■採用理由:
MA-EYESは、事業領域や業務などの変更に対し柔軟な対応が可能なシステムであり、導入後も長く安心して利用することができること、また、各種データ集計・分析機能が充実し、比較的低コストで導入できることなどが採用の決め手となりました。