ベンチャー企業白書2018年版発刊
日本ビジネス開発株式会社
更新日時:11月30日 20時30分

2018年11月30日

日本ビジネス開発株式会社

ベンチャー企業白書2018年版発刊

企業・ビジネス白書シリーズの日本ビジネス開発は、ベンチャー企業白書2018年版を発刊した。
  http://www.jbd-corp.co.jp 
 当該版は本邦初として発刊した1999年の創刊号から数えてシリーズ第14弾となる。ベンチャー関連の白書&年鑑分野の唯一のシリーズ書して好評発売中である。今回は副題に、再定義の時代-「スマートベンチャー」コンセプトの提起と台頭事例を掲げた。
 本書はこれまでのベンチャーに加え、1990年代のIT革命を機に勃興してきた主にITベンチャーを「ニューベンチャー」、また、自社で培ってきた保有技術などをベースに新たな領域にチャレンジする中小企業を「オールドベンチャー」と位置付けてきた。今回の「スマートベンチャー」は、
  ・AIやIоTなどの最先端技術の利活用
  ・斬新なマネジメントやビジネススタイルの創出
  ・フロンティア領域の開拓
  ・世界を目指す
などのビジョンを持つさらに進化したベンチャーを「スマートベンチャー」像として提起した。
 本書は以下の3章で構成した。1章において、「スマートベンチャー」の台頭事例や「スマートベンチャー」につながる多岐にわたるベンチャー類型を一覧し、2018年版の結論的総括を行った。  
  1.2017年12月~2018年11月の総括
  2.ベンチャー企業参入年表&動向(業種・業態別に時系列で千社以上のベンチャーを網羅)
  3.ベンチャー企業関連資料
2は32の業種・業態別に区分して、ベンチャー企業参入年表及び事例を整理・分析した。
 ・製造ベンチャー
 ・流通ベンチャー
 ・食ベンチャー
 ・住ベンチャー
 ・金融関連ベンチャー 
 ・医療・バイオベンチャー
 ・ITベンチャーなど
 当版はA4・218ページ。価格3万8000円。2018年11月17日発行。