2020年東京オリンピックを見据え、プリペイド式格安SIMカード「COMST」が、リニューアル新発売
兼松コミュニケーションズ株式会社
更新日時:11月9日 12時42分

2018年11月8日

兼松コミュニケーションズ株式会社

業界最安値、訪日外国人向けプリペイドSIMカード発売!

2020年の東京オリンピックを見据えて、サービス品質の大幅改善を図った
プリペイド式格安SIMカード「COMST」が、専用操作アプリ(9言語対応)で
リニューアル新発売。

移動体通信機器の販売及び全国で携帯電話のキャリアショップを運営している兼松コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:菊地 孝)は、プリペイド方式のデータSIMカード「COMST」(読み:コムスト)を、全国のヨドバシカメラ、直販サイト「COMST mobi」、海外販売代理店(オーストラリア・タイ・ベトナム・中国・マレーシア・カナダ等)を通じて、2018年11月8日より正式発売開始いたします。

「COMST」は9言語に対応する専用操作アプリで、開通登録、データ容量照会、リチャージ等全ての操作が完結できる利便性の高い商品となります。アプリのバーコード読み取り機能を利用することで、利用開始登録時のSIMカード情報の手入力が不要となり、更に利用開始日の事前予約もできるので、海外で購入されるお客様は、日本到着日を指定して開通登録をすることで、空港に着いてから煩雑な手続き無しで、すぐにご利用いただけます。

「COMST」は、観光客等短期滞在者や技能実習生、留学生等中長期滞在者向けに6種類のラインナップがございます。コンビニ決済とクレジットカード決済によるリチャージ機能も完備し、24時間365日手軽に継続利用手続きが可能となります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047541-O1-eR1we0Pf

【COMST商品概要】
NTT DocomoのLTE網で、プリペイド式のデータ通信を提供するサービスです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047541-O4-8HyRZYtp


【従来商品との違い】
〇通信品質の改善
リニューアル後の「COMST」では最も利用者が増加する昼間・夕方の時間帯の通信利用量を基準に通信帯域が確保されております。

〇お客様用操作アプリの導入
お客様の開通登録、データ容量照会、リチャージ機能は、9言語対応アプリでサービス品質の向上を図ります。アプリ操作は、どなたでもわかるよう画像や絵を用いて直感的な操作を実現しました。
対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、ネパール語、スペイン語、ポルトガル語

〇他社製品との比較

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809047541-O2-08w9XaPF


【COMSTについて】
COMST公式サイト:https://www.comst.info/
COMST販売サイト:https://www.comst.mobi/

【COMST発売元/兼松コミュニケーションズについて】
兼松コミュニケーションズ株式会社は、携帯電話販売事業において地域に密着したキャリアショップを全国展開しています。中国上海に携帯電話販売会社(兼松通訊商貿(上海)有限公司)をもち、法人向けに販売展開しています。社会環境問題へ積極的に取り組み、2016年3月には、環境マネジメントシステム(ISO14001:2004)を取得し、地球環境の健全な維持に取り組んでいます。
兼松コミュニケーションズの社会貢献活動、企業概要につきましては、Webサイトをご参照ください。
https://www.kcs.ne.jp/

本社所在地:東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル3階
代表取締役社長:菊地 孝   
資本金:1,425百万円  売上高:239,266百万円(2018年3月期) 
従業員:2,196名(2018年4月現在)


COMST 無制限 30days
COMST 7GB 30days
COMST 5GB 30days
COMST 3GB 30days
COMST LOGO
COMST Plan
COMST 2GB 30days
他社製品比較表
COMST 5GB 30days