真宗大谷派が「第4回」エンディング産業展に出展   「生死」と「葬儀」の大切な意味を発信します
真宗大谷派
更新日時:8月10日 16時00分

2018/8/10

真宗大谷派

真宗大谷派(京都・東本願寺)首都圏教化推進本部が、第4回エンディング産業展(8月22日~24日、主催:エンディング産業展実行委員会 / TSO International(株))に出展
人がいのちを終えていくことに対する、仏の教えに基づいた「生死」と「葬儀」の大切な意味を発信

 真宗大谷派(京都・東本願寺)首都圏教化推進本部は、第4回エンディング産業展(主催:エンディング産業展実行委員会 / TSO International(株))に出展します。

 エンディング産業展は、2015年からフューネラルビジネス・終活・葬儀・埋葬・仏壇・供養・終末関連のための専門展示会として開催され、毎年2万人を超える来場者を集めております。また、一方では「エンディング産業」という名の元、「人の死」に経済的価値を求め、さまざまな企業が葬儀や埋葬に関する事業に参入してきている状況があります。
 そのような状況の中で、仏教教団として人がいのちを終えていくことに対する、仏の教えに基づいた「生死」と「葬儀」の大切な意味と、そのメッセージを発信する機会として本展示会に出展します。なお、会期中3日間は、ブースでは「摸擬葬儀デモンストレーション」や「セミナー」を実施いたします。

(1)日時/会場:2018年8月22日(水)~24(金)、東京ビッグサイト東7ホール
(2)ブース内セミナー内容
  ①「模擬葬儀デモンストレーションと荘厳儀式作法の意味」
  ②「通夜・葬儀・法事は誰のために勤めるのか」 
  ③「本尊と仏壇と墓石」 
  ④「法名」と「終活」 -仏の教えに生きる 

【本件に関するお問い合わせ】
真宗大谷派 首都圏教化推進本部
[TEL]03-5393-0810
[E-mail]info@shinshu-kaikan.jp
 担当:小林・藤井

真宗大谷派出展ブースイメージ