2018年度「W-BRIDGE」研究委託先を決定
早稲田大学
更新日時:7月12日 15時00分

2018-07-12

早稲田大学

2018年度「W-BRIDGE」研究委託先を決定
地球環境問題の解決への貢献を目的とした産学連携研究プロジェクト

学校法人早稲田大学(以下「早稲田大学」)と株式会社ブリヂストン(以下「ブリヂストン」)が連携して設置した研究プロジェクト「W-BRIDGE」(Waseda-Bridgestone Initiative for Development of Global Environment)は、2018年7月1日から2019年6月30日までの研究委託先候補として5件を採択しました。

W-BRIDGEでは、2018年4月2日から5月18日までの期間、ブリヂストンが定めた4つの重点テーマ※に基づいて、大学と一般の方々が連携して取り組む環境に関する研究課題を募集しました(委託費用総額:1,700万円)。応募いただいた案件の中から、W-BRIDGEの審査委員会、Co-Design会議、および運営委員会が厳正なる選考を行い、2018年度は5件を選定しました。委託先および案件の詳細は下記リストの通りです。

これらの案件で得られた成果については、内容を吟味し、多くの方々に活用していただけるようにW-BRIDGEのWebサイト(http://www.w-bridge.jp)で情報を公開していく予定です。 研究成果の報告会の実施も予定しています。
なお、2017年7月1 日から2018年6月30日までを活動期間とした研究は終了し、今後W-BRIDGEが開催するシンポジウム等で活動報告を行います。活動報告の詳細は、後日W-BRIDGEのWebサイトでご案内します。

※重点テーマは、ブリヂストングループが掲げる「環境長期目標」の達成に資することを期待して設定されています。
<4つの重点テーマ(重点研究活動)>
(1) 森林環境分野
天然ゴム生産およびゴム農園周辺環境のサステナビリティ
森林資源のDeforestation対策
(2) モビリティ分野
持続可能な社会作りを前提とした条件不利地域におけるモビリティのアクセシビリティ
(3) 環境人材育成分野
アジアにおけるSDGsを担う人材育成
環境無関心層を取り込み社会を変える新しい手法
(4) 総合環境分野
水環境・資源保全活動(地下水の保全を含む)
地球温暖化緩和策及び適応策(レジリエンスの観点も含む)

【2018年度研究委託先案件】
■重点研究活動
重点テーマ 1. 森林環境分野 <天然ゴム生産およびゴム農園周辺環境のサステナビリティ>
研究・活動代表者:早稲田大学人間科学学術院准教授 平塚基志、ランブン・マンクラット国立大学(UNLAM)教授 Ir. Mahrus Aryadi,M.Sc.
団体名:公益財団法人 国際緑化推進センター
研究課題:小規模農家によるゴムノキ活用を通したSDGs達成のモデル開発

重点テーマ 1. 森林環境分野 <森林資源のDeforestation対策>
研究・活動代表者:九州大学熱帯農学研究センター准教授 百村帝彦
団体名:認定NPO法人 国際環境NGO FoE Japan
研究課題:SDGs達成に向けた持続可能な木材・木材製品調達(フェアウッド調達)の促進

重点テーマ 2. モビリティ分野 <持続可能な社会づくりを前提とした条件不利地域におけるモビリティのアクセシビリティ>
研究・活動代表者:群馬大学大学院理工学府教授 天谷賢児、名古屋大学大学院環境学研究科教授 加藤博和、早稲田大学スマート社会技術融合研究機構客員主任研究員 井原雄人
団体名:2015年からの生活交通をつくる会/株式会社 桐生再生/菱野団地コミュニティ交通協議会/株式会社 枝光なつかしい未来
研究課題:Within one mile の交通に着目した条件不利地域の公共交通維持モデルの構築

重点テーマ 3. 環境人材育成分野 <アジアにおけるSDGsを担う人材育成>
研究・活動代表者:早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科/環境総合研究センター教授 友成真一
団体名:早稲田大学国際環境リーダー学生連合(WGELs)
研究課題:次代を担う環境分野におけるアジア人材育成のための教育モデル構築

重点テーマ 4. 総合環境分野 <地球温暖化緩和策及び適応策>
研究・活動代表者:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授 松岡俊二
団体名:特定非営利活動法人 広野わいわいプロジェクト
研究課題:福島浜通りにおける広域自治体連携によるレジリエンスの強化に関する研究

(敬称略)  ※代表者名、団体名、研究課題は、採択時現在のものです。