リフォーム産業フェア2018(7/17-18・東京ビッグサイト)に出展
株式会社サンゲツ
更新日時:7月9日 10時00分

2018年7月9日

株式会社サンゲツ

リフォーム産業フェア2018(7/17-18・東京ビッグサイト)に出展
最旬コーディネート集「ルームスタイリング」で“選びやすさ”を提案

株式会社サンゲツ(安田正介社長・名古屋市)は、平成30年7月17日(火)・18日(水)の2日間、東京ビッグサイトで開催される、住宅リフォームをメインテーマとした「リフォーム産業フェア2018」に出展します。
同展示会では、新作コーディネートブック「2018-2020 ルームスタイリング」を活用した顧客満足度や業務効率の向上を提案するほか、お部屋を彩るアクセントクロスの魅力を紹介します。


出展コンセプト:「渡すだけで商談がまとまる!」コーディネートブックの提案

“納得感のある壁紙の選定”や“打ち合わせ時間の短縮”を実現する新作コーディネートブック「2018-2020 ルームスタイリング」の活用方法を提案します。また、同見本帳の開発担当者3名が語る、市場ニーズを踏まえた“開発のポイント”を紹介します。

1)顧客満足度と業務効率の向上をサポート   
新作コーディネートブック「ルームスタイリング」の実際のレイアウトに沿って、好みのイメージから壁紙を選ぶ楽しさを紹介。高度な知識を必要とせず、顧客満足度と業務効率の向上を実現する活用方法を提案します。

2)アクセントクロスでお部屋を彩るヒントを紹介
はっきりした色柄の壁紙を、アクセントクロスとして施工した、8つのインテリアスタイルを展示。リフォーム後の空間イメージを紹介することで、“自分らしさ”を表現するアクセントクロスを、安心して使用いただけるようサポートします。


なお、同展示会では、特殊素材の壁紙を施工する「ハンガーズ株式会社※」ブースへの企業協賛を行います。会期中、「ハンガーズ株式会社」のブースでは、天然木を最新技術で薄くスライスし、不燃認定壁紙に加工した当社商品「WILL WOOD (R)」の施工実演が行われます。

※輸入壁紙、デジタルプリント、箔・織物・和紙壁紙などの特殊な壁紙を、高度な技術で施工する全国ネットワーク

〇ブース外観イメージ  ブース位置:西1・2ホール(27平米)