マンションリニューアル向けインターホンシステムらくタッチPlus(プラス)」を新発売
アイホン株式会社
更新日時:12月5日 14時39分

2018/3/19

アイホン株式会社

マンションリニューアル向けインターホンシステム
「らくタッチPlus(プラス)」を新発売
―4つの「らく」に新機能をプラス―

 アイホン株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:市川周作、以下アイホン)は、マンション向けインターホンのリニューアルに最適な「らくタッチPlus(プラス)」を2018年4月に発売いたします。
 「らくタッチPlus」は、2012年発売以来ご好評いただいております「らくタッチ」の後継機種であり、従来のコンセプトである4つの「らく」(みる「らく」、つかう「らく」、つながる「らく」、つける「らく」)というコンセプトは残しつつ、さらなるデザイン性と使いやすさを追求した最新のインターホンシステムです。
 今回、デザイン面においては、壁面の取り付け跡を気にすることなく取り付けができるよう、既設の住宅情報盤よりひとまわり大きいサイズといたしました。また、従来の「らくタッチ」よりも奥行きを約20%薄くした34.8mmを実現しました。施工面に配慮しつつ、従来よりも薄型モデルとしたことにより、入居者様へ圧迫感を与えずすっきりとした印象を与え、周囲のインテリアとの調和を目指したデザインとなっております。
 機能面においては、新たに「お薬ベル」を搭載し、住宅情報盤であらかじめ時間を設定しておくことで、薬を飲む時間をお知らせする機能を追加いたしました。これにより、入居者様の安心した暮らしをより一層サポートいたします。
 「らくタッチPlus」はデザイン面、機能面を充実させることにより、幅広い世代の方々へ、インターホンリニューアル後の暮らしにおける、快適さと安心感をプラスいたします。

■新機能
 ・お薬ベル機能
  住宅情報盤であらかじめ時間を設定しておくと、アイコン表示とアラーム音で薬を飲む時間をお知らせします。
  設定時間は5つまで設定可能です。
 ・動画録画機能
  留守中の来訪者を動画による録画で確認することができます。
  1件あたり15秒で、最大30件の保存が可能です。
 ・一括再生機能
  未確認のお知らせが複数ある場合に、一括で再生することが可能です。
  再生ボタンを押すことでお知らせの冒頭3秒間を再生し、その後次のお知らせに移ります。
 ・オートスクロール機能
  自動的にズーム・スクロールしてエントランスの隅々まで映します。

■商品の特長
 ・来訪者の表情まではっきりわかる7型ワイド画面を採用しています。
 ・左右画角約170°のパノラマワイド機能で、エントランスを広範囲に映します。
 ・よく使う3つのボタン(通話、解錠、終了)の操作手順をボタンの点滅でお知らせします。
 (ナビホタル機能)
 ・留守中の録画やメッセージなどの新着情報があると、「お知らせ」ボタンが青く点灯します。
 ・管理員様から入居者様へ、用途に合わせた方法で連絡をとることができます。録音音声による連絡や、管理用パソコンで作成したお知らせ画像による連絡ができ、緊急時には放送機能を使うことにより、住宅情報盤以外に玄関子機からも音声連絡を出すことができます。
  玄関子機からの音声出力は「らくタッチPlus」からの新機能であり、住宅情報盤の施工時の設定により出力が可能となります。
 ・既設の住宅情報盤よりひとまわり大きいサイズのため、壁面の取り付け跡を気にする必要があり
ません。
 ・モニター付ワイヤレス子機やモニター付増設親機、モニターなし増設親機など、住宅情報盤に接続できる子機のバリエーションが豊富です。
  また、電源工事の必要がない増設親機(QEH-1CD)が接続可能となりました。


[ 発売日 ] 2018年4月20日

[ 販売計画 ] 発売後1年間で約16億円