グローバルな健康増進の取り組みで大きく前進 ヘルス・フォー・ヒューマニティ・レポート2017年度版を公表
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 日本法人グループ
更新日時:6月8日 17時02分

2018年6月8日

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ

グローバルな健康増進の取り組みで大きく前進
ヘルス・フォー・ヒューマニティ・レポート2017年度版を公表
病気の根絶・予防、治療提供方法に関する新たな知見、
生涯にわたる健康促進に向けたグローバルな取り組みの進捗と重要な成果を報告

* 本プレスリリースは、2018年6月5日に、米国ジョンソン・エンド・ジョンソンが発表したプレスリリースを翻訳・編集し、皆さまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先します。本資料(英文)については、こちらをご参照下さい。なお、本文中には日本未承認薬、未承認適用症に関する資料が含まれています。

ニュージャージー州ニューブランズウィック (2018年6月5日) --- ジョンソン・エンド・ジョンソン (NYSE: JNJ) は本日「ヘルス・フォー・ヒューマニティ・レポート2017年度版」を公表しました。本レポートは、当社が「世界中でより良い健康を促進する」という使命を推進するため、社会、環境、企業ガバナンスに関して取り組んでいる活動の状況や達成成果についてご説明しているものです。
 本レポートでは、ジョンソン・エンド・ジョンソンが全社の活動を通じて、グローバルな規模で患者さんや消費者、従業員、そして地域社会が良好な健康状態を維持できるようにサポートする取り組みを報告しています。病気を根絶、予防し、治療の提供方法を再検討し、世界中の人々が健康な心と身体、健全な環境を手に入れられるようにするための取り組みを紹介しています。
 ジョンソン・エンド・ジョンソン会長兼最高経営責任者のアレックス・ゴースキーは、以下のように述べています。「ジョンソン・エンド・ジョンソンは、よりよい明日にむけ健全な社会を築くため、日々活動を推進しています。私たちの役割はより健やかな社会を築くことであり、その任務が終わることはありません。私たちは自社やヘルスケア業界全体において、常に目標設定を高めていくべきです。その結果として、当社が世界中の人々にとって欠かせない存在になれるのだと考えます。」

 2017年の活動実績は以下のとおりです。

病気の根絶と予防に向けた継続的な取り組み
• ジョンソン・エンド・ジョンソングループの製薬企業であるヤンセンファーマ社による、HIV治療薬ドルテグラビル/リルピビリン配合錠が11月、米国食品医薬品局(FDA)による承認を受けました。
• ヤンセンファーマ社による結核治療薬ベダキリンを用いた多剤耐性結核(MDR-TB)治療が95か国、37,000名の患者さんに普及し、世界中の患者さんの新薬へのニーズをより満たすことができました。i

治療提供方法の再検討
• ジョンソン・エンド・ジョンソンは、新しいグローバルなソーシャルベンチャー、GenH社の設立を発表しました。この会社は、54か国以上からアイデアを募り、イノベーターや起業家の力を借りて、グローバルでありかつ地域の特色に合わせたソリューションを計画し、人々が長く健康でいられるための取り組みを支援します。そして、インドやガーナ、ブラジルを初めとする国々で、ベンチャー企業を設立するための相談や補助金を提供します。
• インドの都市部に暮らす低所得の妊婦や新米ママに、重要な健康情報を届けている画期的なモバイル情報提供会社、mMitra社の事業を大きく拡大しました。この事業は世界保健機関(WHO)やそのほかの組織も、大規模なデジタルヘルスプログラムの例として取り上げています。

生涯にわたる健康、福利、環境衛生の促進
• ジョンソン・エンド・ジョンソンは、育児休暇のグローバル基準を新たに導入しました。これにより、ブラジル、中国、インド、日本などの国を含む世界中の従業員は、出産や養子縁組を行う際、最短で8週間の有給育児休暇を取得する資格が与えられます。
• 再生可能エネルギー源からの電気使用量が全社で25%に達したことに加え、スウェーデン・ヘルシンボリの当社施設では、製造、研究開発、倉庫におけるすべてのエネルギー源について、史上初となる二酸化炭素を排出しないカーボン・ニュートラルな環境を実現しました。ii

 ジョンソン・エンド・ジョンソンが2017年に達成した成果を、動画にしてご紹介しています。ぜひこちらをクリックしてご覧ください。

ヘルス・フォー・ヒューマニティ・レポートについて
 ジョンソン・エンド・ジョンソンのヘルス・フォー・ヒューマニティ・レポートでは、薬の提供範囲や普及率の改善、健康な心と身体や健全な環境をすべての人々にお届けするための取り組み、あらゆる年齢層や状態の人々の生活の向上、そして世界中の公衆衛生基準の向上に関する取り組みを報告しています。当社は2017年、7つの包括的目標を盛り込んだ16の対象分野で、継続的に大きな進捗を達成しました。当社のウェブサイトにアクセスしていただき、本レポートの各国語版PDFをぜひご覧ください。本レポートの概要は、英語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、中国語(繁体字/簡体字)、日本語でご覧いただけます。

ジョンソン・エンド・ジョンソンについて
 私たちジョンソン・エンド・ジョンソンは、健康こそが豊かな人生の基盤であり、地域社会の繁栄と、発展を促す原動力であると考えています。 この信念に基づき、130年を超える長きにわたり、私たちはすべての世代の、人生のあらゆる段階の人々の健康を支えてきました。今日、世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、私たちは適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力しています。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、私たちのこころと科学の力、画期的な発想力を融合させ、ヘルスケアを飛躍的に進化させるべく取り組んでいます。

--------------------------------------------------
i 第三者企業のERM Certification and Verification Services Inc.によって保証される2016~2017年の累計数値(四捨五入後)。
ii 第三者企業のERM Certification and Verification Services Inc.によって保証される2017年3月1日~12月31日におけるデータ。



■参考資料(1)
 ジョンソン・エンド・ジョンソンは2017年、意欲的かつ世界的な人道的目標に関する前進に関連して、以下の表彰を受けました。
• フォーチュン誌が当社を「2017年世界を変革する企業」(Change the World List)のリーダーに選出。
• ワクチンの研究開発に関して、Access to Medicine Index当社を「ワクチン普及に関するインデックス」(Access to Vaccines Index、ATVI)のリーダーに選出。
• 38,000名の成人患者および630名の小児患者にPREZISTA、INTELENCE、EDURANTなどのブランド薬およびそのジェネリック版を提供し、HIV/AIDS治療の普及に貢献。 iii
• 医薬品に関する患者情報のイニシアチブ(Patent Information Initiative for Medicines、Pat-INFORMED)に参加 。
• クラリベイト・アナリティクス社は当社を「トップ100 グローバル・イノベーター 2017」に選出。
• インドのモバイルフォンテクノロジー会社mMitraが、公衆衛生イニシアチブ賞(Public Health Initiative of the Year)を受賞。
• Gartner Healthcareのサプライチェーン・ランキングでベストメーカーパートナー(Best Manufacturer Partner)に選出を受ける。
• ロイター通信のダイバーシティ&インクルージョン・インデックス(Diversity & Inclusion Index)で、当社は2位に選出される。
• Working Motherによる「2017年ワーキングマザーにとって働きやすい企業トップ100」(Working Mother list of 100 Best Companies)のトップ10に選出される。
• CareerBlissが当社を「2017年度アメリカで最も幸福な会社50社」(50 Happiest Companies in America)の15位に選出。
• グローバル水生成分評価(Global Aquatic Ingredient Assessment、GAIA)ツールの2017年度患者賞を受賞。
• ニューズウィークの2017年度グリーンランキング(Green Rankings)で米国トップ10に選出。
• 気候に関するリーダーシップ審議会(Climate Leadership Council)、米国化学会のグリーンケミストリー製薬業界の円卓会議、およびヘルスケアプラスチックリサイクル審議会(Healthcare Plastics Recycling Council)において、当社が創設メンバーに選出される。
• Bioethics International社のグッドファーマスコアカード(Good Pharma Scorecard)で、当社は100%のスコアを獲得。
• マイノリティ企業開発局が当社を「2017年度企業賞」(Corporation of the Year)に選出。
• CDPのサプライヤーエンゲージメントリーダーボードに加入。サプライヤーエンゲージメントにおいて、Aランク(非常に優れたパフォーマンス)を獲得。

--------------------------------------------------
iii 2016年以降の累計値。第三者企業のERM Certification and Verification Services Inc.によって保証される、四捨五入後の数値。



■参考資料(2)
~ ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループの社会貢献活動 ~

 ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ iv (以下、ジョンソン・エンド・ジョンソン)では、企業活動を通じて「顧客」、「従業員」、「地域社会」および「株主」に対する責任を果たしていくべきであるという経営理念 「我が信条(Our Credo)」に基づき、事業活動を推進しています。

 ジョンソン・エンド・ジョンソンは、「我が信条 (Our Credo)」の第三の責任「地域社会に対する責任」を果たすため、よりよい社会を目指すとともに、よき企業市民として、だれもが健やかな毎日を過ごせる社会の実現を目的に、「ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会」(以下、JJCC)を結成しています。

 JJCCは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 代表取締役社長の日色 保をチェアマンとして、グループ各社から自発的に応募した約140名の社員ボランティアによって運営され、地域に密着したパートナー団体との協力関係を通じて、身体や心、社会の健康をテーマとしたさまざまな取り組みをサポートしています。JJCCによる社会貢献活動の優先的な支援領域は、「子どもたちへの支援」「女性への支援」「東日本大震災復興支援」の3つです。これらの領域で有意義な活動を展開する非営利団体(NPO等)への支援を行っています。なお、当グループでは、社会貢献に対する考え方や活動内容をまとめた「社会貢献レポート2017」を発行し、当社ウェブサイトで公開しました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン 社会貢献レポート2017

 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 代表取締役社長の日色 保は、以下のように述べています。「当グループは、日本でも活発に社会貢献活動を進めており、「我が信条(Our Credo)」 にもあるように、社会貢献に関わることが義務感ではなくカルチャーとして定着しています。その基礎にあるのは、企業として「良き市民」でありたいという想いです。社会的責任(CSR)という概念は、いまや企業社会にとって常識となっていますが、当グループでは実に70年以上も前から、それを変わらぬ行動規範として社員が胸に刻んでおり、さまざまな活動の支援を通じて、これからも地域社会とともに歩んでまいります。」

 以下、日本における当グループの主要な社会貢献プログラムをご紹介します。

【東日本大震災復興支援:TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム】
 ジョンソン・エンド・ジョンソンは、公益財団法人米日カウンシル-ジャパンが運営するTOMODACHIイニシアチブ v とのパートナーシップのもとで企画、実施する「TOMODACHI J&J災害看護研修プログラム」への支援を2015年から開始しました。日本の看護学生の災害対策分野での専門知識の深化、および次世代を担うリーダーシップ育成を目的に、東日本大震災の被災地域に住む看護学生を対象に年一回、看護学教員の指導者とともに米国に派遣し、国内研修と併せて7か月間におよび災害看護に関する研修を受けていただいています。本プログラムは、これまでの3年間で累計28名の東北出身の看護学生に対し、学びの機会を提供してきました。また、終了後も本プログラム経験者は関係者の支援の下、継続して災害看護に関連する活動に取り組んでいます。今年は対象をさらに拡げ、現在全国各地で看護師を目指す、岩手・宮城・福島県出身の学生、および現在同三県に居住している看護学生から参加者を募り、7名の学生が参加予定です。

【子どもたちへの支援:人身取引被害者支援プロジェクト】
 ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、人身取引被害者サポートセンター「ライトハウス」に協力して、商業的な性的搾取の実態の共有から、予防、被害児童への支援など、子どもを性的搾取から守るためのセミナーを実施しています。主に子どもに関わる仕事に従事する大人が100人以上参加し、理解を深めています。また、このような問題に取り組む人のネットワークを日本国内に広げています。

【女性への支援:DV等によりトラウマを抱える女性が回復するためのよりよい環境を整えるプロジェクト】
 DVや虐待、モラル・パワーハラスメントなどの被害にあった女性を対象に、特定非営利活動法人「レジリエンス」と協力し、トラウマへの対処法を提供する「こころのcare講座」の開催や、ファシリテーターの養成を実施しました。これにより、よりよい支援を受けられる被害者の数を、現状より年間30,862人増やすことができました。

【写真を投稿することで支援したいプラグラムに寄付できるDonate a Photoプロジェクト】
 ジョンソン・エンド・ジョンソンが提供する無料のモバイルアプリ「Donate a Photo」を導入し、そこにスマートフォンなどで撮影した写真を投稿すると、投稿者が支援したいと思う社会貢献プログラムに、ジョンソン・エンド・ジョンソンが投稿者に代わって1枚につき1ドルを寄付します。寄付は、病気の子どもやその家族の支援、東北への食糧支援などさまざまな支援プログラムに役立てられます。これまでに世界中で約19万人以上が参加し、300万枚以上もの写真が投稿され、その結果、175のプログラムへの支援を実現しました。

【公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金への協力】
ジョンソン・エンド・ジョンソンは2016年より、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(以下、「GHITファンド」)の趣旨に賛同してアソシエートパートナーとして参画し、資金拠出しています。GHITファンドは、HIV/AIDS、結核、マラリア、顧みられない熱帯病等のとくに開発途上国の人々を苦しめる感染症の制圧を目指し、日本の技術、知見、イノベーションを用いた治療薬、ワクチン、診断薬の開発を目的として設立されました。日本政府、製薬会社、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ウェルカムトラスト公益信託団体、国連開発計画などが参画するグローバルヘルス分野の製品開発に特化した国際的な官民パートナーシップです。当グループはGHITへの支援を通じて、日本のイノベーションおよび投資をグローバルに拡大し、発展途上国における感染症や貧困に取り組む国際的協働を積極的に推進しています。

【ネパールでの口唇口蓋裂の治療支援プログラム】
 ジョンソン・エンド・ジョンソンとして最も重要なのは、「世界中でより良い健康を促進する」ことです。当グループでは特定非営利活動法人「アドラ・ジャパン」がネパールで展開する口唇口蓋裂医療チーム派遣事業に1996年から助成しています。医療や情報が行き届かない地域に、口唇口蓋裂の治療を行う医療チームを派遣し、また医療従事者ではないボランティアが、医療従事者やスタッフをサポートすることで、恵まれない環境にいる子供や若者が無料で手術を受けられるように、継続的に医療チームやボランティアの派遣を支援しています。

【医療と子どもたちをつなぐブラック・ジャック セミナー】
 ジョンソン・エンド・ジョンソンは2011年より、全国の病院と共催で、毎回約30人の子どもたちに手術を体験してもらう「ブラック・ジャック セミナー」を開催しています。このセミナーは、将来を担う子ども達に医師の仕事に対する夢と希望を抱いて欲しいという想いから始まったもので、地域の子どもたちが本格的な医療を疑似体験することで、将来の医療の発展に貢献してもらえることを目的としています。

--------------------------------------------------
iv ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社(コンシューマー カンパニー、メディカル  カンパニー、ビジョンケア カンパニー)、ヤンセンファーマ株式会社で構成。 ジョンソン・エンド・ジョンソン ウェブサイト https://www.jnj.co.jp/ 

v TOMODACHIイニシアチブは、東日本大震災後の復興支援から生まれ、教育、文化交流、リーダーシップといったプログラムを通して、日米の次世代のリーダーの育成を目指す公益財団法人 米日カウンシル-ジャパンと東京の米国大使館が主導する官民パートナーシップで、日本国政府の支援も受けています。日米関係の強化に深く関わり、互いの文化や国を理解し、より協調的で繁栄した安全な世界への貢献と、そうした世界での成功に必要な、世界中で通用する技能と国際的な視点を備えた日米の若いリーダーである「TOMODACHI世代」の育成を目指しています。TOMODACHIイニシアチブウェブサイト www.tomodachi.org/ja