トミカ史上初!“エンジンを体感する” トミカ 「トミカ4D(フォーディー)」 新登場!
株式会社タカラトミー
更新日時:6月7日 11時30分

2018年6月7日

株式会社タカラトミー

「日本おもちゃ大賞2018」共遊玩具部門 大賞受賞!
ダイキャスト製ミニカー「トミカ」が48年目の超進化!
トミカ史上初!“エンジンを体感する” トミカ
「トミカ4D(フォーディー)」 新登場!

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)はダイキャスト製ミニカー「トミカ」の新商品として、トミカに音・振動を加え“エンジンを体感する”新定番シリーズ「トミカ4D(フォーディー)」(第1弾全6種/希望小売価格:各1600円/税抜き/予価)を 2018年10月から全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、トミカ専門店「トミカショップ」、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp等で発売いたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O1-XXEr61cZ

 「トミカ4D(フォーディー)」は「トミカ」に音と振動を加え、車のエンジンを表現することにより、これまでにない全く新しいミニカー遊びを可能にした商品です。大きさも形も今までのトミカと同じですが、トミカのサスペンション機能を活かし、車体を上から押し込むことで、まるで本当にエンジンがかかったようなリアルなエンジン音と、アイドリング振動を体感できます。さらに、手ころがしで走行させると、リアルな走行音が鳴り、走行音に合わせて振動も変わります。
 第一弾のラインナップは、スポーツカータイプ4種(2種、各2色展開)とはたらくクルマ2種の計6商品です。スポーツカータイプに内蔵している音は自動車メーカー全面協力のもと、実車のエンジン音を実際に収録したもので、臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。
 また、「日本おもちゃ大賞2018」では、「共遊玩具部門」(※)の大賞を受賞しました。「車の形状をさわって知ることができるだけでなく、車の動きによって変化する実車の音と振動を耳と手で感じながら、目の見えない子どもたちも臨場感のある手ころがし遊びを存分に楽しめる」という点が評価されたものです。

※「共遊玩具部門」:障害のある子どももそうでない子どもも「共に遊ぶ」ことができるための様々な配慮が施された玩具に贈られます。


■開発のこだわり

 「トミカが48年間持ち続ける本来の魅力を変えずに、進化させ、子どもにあっと驚きを与えたい」という想いから、「“車の立体図鑑”(3D)とも言えるトミカに“体感”を加える」をコンセプトに開発がスタートしました。

①サイズ
手のひらサイズであるトミカの大きさ、形はそのままに、小さなボディの中に、エンジンの音を再現するためのスピーカー、エンジンの鼓動を再現するための振動モーター、そしてエネルギーを供給する電池を組み込みました。

②音・振動
本物にこだわるために、車種ごとに違うエンジンの音、振動を再現する工夫をしています。自動車メーカーにご協力頂き、実車のエンジン音や走行音を実際に収録しました。

③操作性
手にとってすぐ遊べるように電源スイッチは設けておらず、トミカの特徴であるサスペンション機能を活かし、車体を上から押し込むことでエンジンがかかる、エンジンが切れる、という直観操作を可能としました。

 「トミカ4D(フォーディー)」は、トミカの特徴である、ダイキャスト製ならではの「手のひらで感じるずっしりした重み」にアイドリングの鼓動感が加わり、「手ころがし遊び」には変化する音と振動が加わり、トミカの魅力を“3D”から“4D”に引き上げました。
 今後も高い品質や、車種・シリーズのバリエーションの豊富さなどのトミカの良さを大事にし、2020年のトミカ50周年に向けて盛り上げてまいります。


■遊び方

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O8-09BWI2H8

車体を上から押し込むことで“エンジン”が始動(※エンジン始動後、長押しすることでエンジンを切ることができる

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O9-80fkMMW2

アイドリング振動を体感できる

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O10-O08gFF48

手ころがしで走行させるとリアルな走行音が鳴り、走行音に合わせて振動が変わる



「トミカ」について:公式サイト www.takaratomy.co.jp/products/tomica/

「トミカ」(発売元:タカラトミー)は、外国製のミニカーが全盛で国産車ミニカーを求めるお客様の声が高まっていた当時、「日本の子どもたちに、もっと身近な国産車のミニカーで遊んでもらいたい」という熱い想いのもと、1970年に日本初の手のひらサイズの国産車ダイキャスト製ミニカーシリーズとして発売されました。現在までに 累計930種以上の車種が発売され、累計販売台数は6億2500万台を超え、3世代にわたり愛されています(2017年6月現在)。近年では、定番商品に加えて、女性や男性にも人気のキャラクターやコンテンツとコラボレーションした「ドリームトミカ」シリーズや、ハイディテールコレクションモデル「トミカプレミアム」シリーズなどラインナップを拡大しています。また、2016年4月から大人向けブランド「tomica」のライセンス展開を本格始動しています。従来のトミカユーザー(3~5歳男児)だけでなく、年齢・性別に関わらず幅広い方に興味を持ってもらえるようアパレル、服飾雑貨のほか、文房具、日用品などへのライセンス展開を実施し、さらなるブランドの強化を目指してまいります。


■第一弾ラインナップ

 「トミカ4D」シリーズ第一弾はスポーツカータイプ4種(2種、各2色展開)とはたらくクルマ2種の計6種をラインナップしています。スポーツカータイプには商品に合わせた実車のエンジン音、はたらくクルマにはサイレン音やアナウンスボイス、エンジン音を収録しています。

スポーツカー:
「01 日産 GT-Rバイブラントレッド」 
「02 日産 GT-Rメテオフレークブラックパール」
「03 ホンダ NSXヌーベルブルー・パール」 
「04 ホンダ NSXカジノホワイト・パール」

はたらくクルマ:  
「05 トヨタ クラウン パトロールカー」 
「06 トヨタ ハイメディック救急車」


【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O2-o1gSj428
01 日産 GT-Rバイブラントレッド
約W78 × H23 × D30(mm)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O3-v97N9trg
02 日産 GT-Rメテオフレークブラックパール
約W78 × H23 × D30(mm)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O4-k85G5t50
03 ホンダ NSXヌーベルブルー・パール
約W72 × H19 × D33(mm)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O5-Wm99N3Qg
04 ホンダ NSXカジノホワイト・パール
約W72 × H19 × D33(mm)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O6-XLa2V0uW
05 トヨタ クラウン パトロールカー
約W72 × H27 × D28(mm) 

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806064731-O7-SRX5ls5C
06 トヨタ ハイメディック救急車
約W75 × H36 × D28(mm)


〈商品概要〉

商品名: 「トミカ4D(フォーディー)」(全6種)
商品内容: 本体×1
希望小売価格: 予価 各1,600円(税抜き)
発売日: 2018年10月予定
対象年齢: 3歳~
使用電池 : ボタン電池 LR-44×2個  ※テスト用電池×2個付き
取扱い場所: 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、トミカ専門店「トミカショップ」、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」takaratomymall.jp 
著作権表記: (c) TOMY 


「トミカ4D(フォーディー)」遊び方イメージ4
「トミカ4D(フォーディー)」遊び方イメージ3
「トミカ4D(フォーディー)」遊び方イメージ2
「トミカ4D(フォーディー)」遊び方イメージ1
「トミカ4D(フォーディー)」06トヨタ_ハイメディック救急車
「トミカ4D(フォーディー)」05トヨタ_クラウンパトロールカー
「トミカ4D(フォーディー)」01日産GT-Rバイブラントレッド(ロゴなし)
「トミカ4D(フォーディー)」02日産GT-Rメテオフレークブラックパール
「トミカ4D(フォーディー)」04ホンダNSXカジノホワイト・パール
「トミカ4D(フォーディー)」03ホンダNSXヌーベルブルー・パール
「トミカ4D(フォーディー)」01日産GT-Rバイブラントレッド(ロゴ入り)