【COMPUTEX TAIPEI 2018】いよいよ開催COMPUTEX 2018  グローバル・テクノロジー・エコシステムの構築
台湾貿易センター東京事務所
更新日時:6月5日 18時05分

2018年6月5日

台湾貿易センター 東京事務所

COMPUTEX 2018で科学技術の動向探る
グローバル・テクノロジー・エコシステムの構築を

                               【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806054686-O1-2qx2H8sm

【2018年6月4日:台北】 台湾貿易センターは2018年台北国際コンピュータ見本市(COMPUTEX 2018)が5日よりスタートしたことを発表しました。4日に行われたCOMPUTEX国際記者会見では、5日間の開催期間中の見どころと特徴が紹介されると共に、今年の「COMPUTEX d&i(設計・革新)賞」の受賞者が発表されました。今年のCOMPUTEXは世界30カ国・地域から1,602社が5,015小間に出展します。そのうち、イノベーションとスタートアップに特化したエリア「InnoVEX」は過去最多となる21か国・地域、388社のスタートアップチームが出展します。

今年で11回目を迎えた「COMPUTEX d&i賞」は「モノのインターネット」、「スタートアップ」、「応用及びソリューション」の3つの特別賞を増設しました。また、世界10カ国・地域から集まった212点のエントリー作品を、「Innovation and Elaboration(イノベーション&精緻性)」、「Functionality(機能)」、「Aesthetics(審美)」、「責任(Responsibility)」、「ポジショニング(Positioning)」の5つの基準で審査し、画期的且つ革新的な優れた作品60点を厳選しました。そのうち、受賞作品が最も多かったのは「Systems + Mobile Communication(システム及びモバイル通信)」部門で、BLEUJOUR、中美華泰科技(Wincommcer)、宏碁(Acer)、星喬科技(SENOR TECH)、華碩(ASUS)、索泰科技(ZOTAC)、微星科技(MSI)、德承(CINCOZE)、デル、レノボなど技術革新で優れた成果を見せた企業10社が同賞を受賞しました。受賞作品はCOMPUTEX 2018の開催期間中、南港展示ホール(台北市南港区)4階に展示されるほか、世界各国で開催されるICT見本市で巡回展示されることになっています。

今年は第5世代移動通信(5G)やブロックチェーンといった最新のテーマを加えると共に、昨年に続き「人工知能(AI)」、「IoT(モノのインターネット)」、「Innovations & Startups(イノベーション&スタートアップ)」、「Gaming & VR (ゲーミング&仮想現実)」を含む6大テーマを主軸としています。また、台北世界貿易センター第1展示ホール、第3展示ホール、南港第1展示ホール、台北国際会議センター(TICC)の4つの会場を使用し、多様な交流と展示のプラットフォームを構築します。そのうち、異業種提携によって実現したゲームの2大競技大会「Cooler Master Overclocking」と「ZOTAC CUP MASTERS」には、世界トップクラスのゲーマーが集まります。

このほかCOMPUTEXと同時に開催されるカンファレンスやフォーラムでは、まずCOMPUTEXフォーラムにて、アマゾン、ARM、ガートナー(Gartner)、インテル、研華(Advantech)、NVIDIA、NXPなどの豪華講師陣がスピーチを行います。これに加えて、今回がCOMPUTEXフォーラム初参加となるGoogle、Microsoft、光宝科技(ITE-ON)などのハイテク産業のトップ企業が、「AIセッション(串聯AI生態系)」、「フューチャートレンド(遇見明日新科技)」、「IoTセッション(顛覆物聯新視界)」の分科会で、それぞれ各産業の最新トレンドを分析し、科学技術分野の未来のエコシステムの全容を浮き彫りにします。ノベーションとスタートアップに特化したエリア「InnoVEX」で開催される「InnoVEXフォーラム」では、女性の起業というテーマで、Girls in Techの創業者が自身の経験から、女性のキャリアと起業体験について語ります。

中華民国対外貿易発展協会(TAITRA、日本での名称は台湾貿易センター)の葉明水秘書長は、「COMPUTEXはスタート以来、ますますその規模を拡大させている。しかも、ICT産業と共に成長している。今年はブロックチェーンと第5世代移動通信(5G)という全く新しい要素が加わる。世界のハイテク企業の事業拡大に寄与したい」と期待を寄せています。

今年のCOMPUTEXは6月5日から9日まで開催(そのうち「InnoVEX」は6月6日から8日まで)されます。

詳細について知りたい方は下記のサイトをご覧ください。
COMPUTEX日本語公式サイト:http://www.computextaipei.jp
COMPUTEX公式サイト:http://www.computextaipei.com.tw/zh_TW/
COMPUTEX 公式Facebook:https://www.facebook.com/COMPUTEX.TAITRA/