「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」でFALKENタイヤ装着車両がクラス優勝
住友ゴム工業株式会社
更新日時:5月14日 17時00分

2018年5月14日

住友ゴム工業(株)

「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」で
FALKEN(ファルケン)タイヤ装着車両がクラス優勝

 住友ゴム工業(株)(社長:池田育嗣)がタイヤを供給している「SUBARU WRX STI」が、5月10日(木)~13日(日)にドイツで開催された世界最大級のツーリングカーレース「第46回ADACチューリッヒ ニュルブルクリンク24時間耐久レース」のSP3Tクラスにおいて5度目となるクラス優勝を果たしました。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805143891-O1-34xn16XG
「SUBARU WRX STI」

 本年のレースはスタート時点では快晴でしたが、深夜から雨が降り始め、終盤では濃霧の影響でレースが一時中断するなど、激しいコンディション変化がありましたが、FALKENタイヤはドライ、ウエットグリップ性能や耐久性能など、総合性能の高さを発揮しました。その結果、「SUBARU WRX STI」は総合62位、SP3Tクラスで5度目となる優勝を果たしました。

◇クラス:SP3T
◇チーム:スバルテクニカインターナショナル
◇車両:SUBARU WRX STI
◇ドライバー:Carlo Van Dam、Tim Schrick、山内 英輝、井口 卓人

<商品・イベントに関するお問い合わせ先>
 タイヤお客様相談室  TEL:0120-39-2788

「SUBARU WRX STI」