「ヤマハ・ガラ・コンサート2018」開催
一般財団法人ヤマハ音楽振興会
更新日時:5月8日 13時00分

2018年5月8日

一般財団法人ヤマハ音楽振興会

加羽沢美濃さんがゲスト出演
共演:東京フィルハーモニー交響楽団/指揮:太田弦
「ヤマハ・ガラ・コンサート2018」開催

ヤマハ音楽振興会(本部:東京都目黒区、理事長:中田卓也)は、2018年6月10日(日)Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区)にて、「ヤマハ・ガラ・コンサート2018」を開催します。

本コンサートは、弊会が展開する音楽教育・普及活動の中から選ばれた出演者によるスペシャルコンサートとして2004年より毎年開催しており、これらの活動の成果を多くの方々にご覧いただくことを目的としています。

今年は「ヤマハ音楽教室」で学ぶ子どもたちがオリジナル曲を披露する他、「ヤマハエレクトーンコンクール(YEC)」「ヤマハジュニアピアノコンクール(YJPC)」の上位入賞者や、「ヤマハマスタークラス」在籍生などから選ばれた8組が出演。また、ヤマハ音楽教室出身で作曲家・ピアニストとして活躍している加羽沢美濃氏が、太田弦指揮、東京フィルハーモニー交響楽団と共演します。

若き音楽家たちの瑞々しい感性と、豊かな創造性にあふれたステージをお楽しみください。


コンサート概要
・名称: ヤマハ・ガラ・コンサート2018-ヤマハ音楽教室から生まれ育つ、若き音楽家たちの祭典-
・日時: 2018年6月10日(日) 開場16:45 開演17:30 終演19:40(予定)
・会場: Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
・主催: ヤマハ音楽振興会
・後援: ヤマハ株式会社、株式会社ヤマハミュージックジャパン
・司会: 久保 純子
・入場料: S席 4,000円 A席 3,000円 (全席指定、消費税込)※小学生未満入場不可
・テレビ放送: BS朝日にて放送予定(60分番組)
・お問い合わせ先: ヤマハ音楽振興会 ヤマハ・ガラ・コンサート事務局 TEL 03 -5773-0820 


【プログラム】 曲名(作曲者)/出演者名(年齢)/在住地/演奏形態または楽器
<第1部> 
・celebration!! (富岡 万葵)※2016年度JOC参加作品/富岡 万葵(とみおか まき)(14)/宮城県/エレクトーンソロ
 
・組曲「ぼくの宇宙旅行」1.ロケットにのって出発!  2.銀河のかなたへ 3.宇宙遊園地(山本 響斗)※2016年度JOC参加作品/山本 響斗(やまもと おと)(9)山本 爽楽(やまもと そら)(14)/愛知県/ピアノ連弾
 
・マリンバとピアノのための競走曲「Race!!」(菊池 碧)※2016年度JOC参加作品/菊池 碧(きくち あおい)(17)/愛媛県/アンサンブル(ピアノ、マリンバ)

・Ariel's Undersea Adventure(吉田 心音)※2016年度JOC参加作品/吉田 心音(よしだ ここね)(10)吉田 和奏(よしだ わかな)(16)/滋賀県/アンサンブル(エレクトーン)

・ソナタ ニ長調 Hob.ⅩⅥ-4より第1楽章(F.J.ハイドン)、夢路より(S.C.フォスター/国府 弘子・五味 結子)/五味 結子(ごみ ゆうこ)(11)第2回YJPC B部門 第1位/埼玉県/ピアノソロ

・喜びの島(C.ドビュッシー)/上原 悠(うえはら ゆう)(15)ヤマハ音楽院 ヤマハマスタークラス ピアノ特別コース/東京都/ピアノソロ
 
・星影のステラ(V.ヤング/川上 天馬)/川上 天馬(かわかみ てんま)(18)YEC2017 一般部門第1位/千葉県/エレクトーンソロ

<第2部>【オーケストラとの共演】  指揮/太田 弦 オーケストラ/東京フィルハーモニー交響楽団
 
・組曲「こどもたちの国」1.おしゃべり  2.ブランコ  3.鐘  4.深い夜  5.おもちゃの世界(松田 彩花)※2016年度JOC参加作品/松田 彩花(まつだ あやか)(14)/福岡県/ピアノ

・穂高よ永遠なれ、ベリンジア、やさしい風、テキサス(加羽沢 美濃)/加羽沢 美濃/ -/ピアノ


■加羽沢美濃(作曲家・ピアニスト)※ヤマハ音楽教室出身
東京藝術大学大学院在学中にCDデビューをはたし、2017年デビュー20周年を迎えた。作曲家として委嘱作品はもちろん、映画、舞台音楽などを手がけ、近年は作曲家の視点からクラシックをわかりやすく解説したレクチャーコンサート等全国で演奏活動を行っている。また活動は多岐にわたり、テレビやラジオにも出演している。

■太田弦(指揮者)
94年北海道札幌市生まれ。東京藝術大学音楽学部指揮科を首席で卒業。現在同大学院音楽研究科指揮専攻修士課程修了。第17回東京国際音楽コンクール〈指揮〉で2位ならびに聴衆賞を受賞。指揮を尾高忠明、高関健の両氏に師事。

■東京フィルハーモニー交響楽団
1911年創立、日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。定期演奏会などの自主公演、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK 他での放送演奏、教育プログラムなどの国内活動をはじめ、海外公演でも高い評価を得ている。

ヤマハ音楽教室
「すべての人がもっている音楽性を育み、自ら音楽をつくり、演奏し、楽しむことのできる能力を育て、その音楽の歓びを広くわかちあう」ことを目的に、1954年にスタート。現在、国内3,100会場、約27万人の生徒を擁する規模に発展し、これまでに500万人以上の卒業生を送りだしています。海外においても、40以上の国と地域に普及しています。

ジュニアオリジナルコンサート(JOC)
ヤマハ音楽教室で学ぶ15歳以下の子どもたちが、心に感じたことを曲にし、自ら演奏するコンサート。子どもたちの無限の可能性を引き出し、その成長を促すためのコンサート活動として1972年に発足以来毎年開催しており、この活動から多くの音楽家が育ち、音楽界をはじめ各界で広く活躍しています。

ヤマハエレクトーンコンクール(YEC)
多くの聴衆に感動を与え、心に残る個性的なエレクトーン楽曲や演奏を披露する場として、また、エレクトーン演奏力、音楽力向上を目的としたコンクールとして開催。小学生低学年、小学生高学年、中学生、一般の4部門で展開しています。

ヤマハジュニアピアノコンクール(YJPC)
中学生以下のピアノ学習者を対象に、ピアノを学ぶ生徒の学習と研鑽、および若いピアニスト育成の場として2016年より展開。音楽ジャンルを問わないことや、編曲演奏の要素が含まれるなど、演奏曲の自由度や幅広さが特長となっています。

ヤマハ音楽院 ヤマハマスタークラス
ヤマハ音楽教室で学ぶ生徒の中で、特に優れた才能や資質を持つ生徒を対象に、高い目標を達成するために必要な環境と演奏力向上の機会を提供する目的で、1988年に開設。多くの音楽家を世に送り出し、社会的にも高い評価を受けています。

昨年度コンサートの模様
加羽沢美濃氏
昨年度コンサートの模様