濡らしたくない所だけ!? 雨天駐輪時にサドルとハンドルも覆える、1つ2役の自転車用前カゴカバー発売。
ビーズ株式会社
更新日時:4月10日 12時30分

2018/04/10

ビーズ株式会社

濡らしたくない所だけに割り切ったほうが案外便利だった!?
雨天駐輪時にはサドルとハンドルも覆える
1つで2役な自転車用前カゴカバー発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2018年4月10日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、前カゴからサドルまで覆うハーフサイズの自転車カバーがセットになった前カゴカバー「フロントバスケットカバー DBF457-BK Toit Noir(トワ・ノワール)」を発売します。

<前カゴカバーと自転車カバーの融合>
 前カゴカバーといえば、荷物を雨やホコリ、ひったくりから守ることのみに焦点を当てた製品が一般的です。 このため雨天の外出時は駐輪中に自転車が雨ざらしとなり、再び乗車する際には濡れてしまったサドルを拭かねばなりません。 しかし、外出時にフルサイズの自転車カバーを持ち歩くのはかさばる上、降雨時にかけにくいというデメリットがあり、用いられるのは少ないのが現状です。

 こうした状況を踏まえ、DOPPELGANGERでは前カゴカバーと自転車カバーの機能を融合させた製品の開発に着手。 普段は前カゴのみ、雨天時の外出先では濡らしたくない前カゴとハンドル、サドルのみ重点的に守るコンセプトで開発したのが、ハーフサイズの自転車カバー付き「フロントバスケットカバー」です。 天候に応じてカバー部分をフレキシブルに変えられ、いつでも快適に自転車を取り扱えます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201804092757-O19-o8c3ZNmE

<製品の特長>
1. 大口開口部を備えた前カゴ、ファスナーで開閉可能
 前カゴ部分は様々な形状に対応できるよう、ストラップで調整し3ヶ所で固定するバスケットカバーに仕上げました。 破れにくく摩耗しにくい300Dポリエステル生地を採用し、さらに裏面にはPUコーティングを施して防水性能を高めています。  開口部は約42×33cmと大きく広がげられ、スムーズに荷物を収納可能。 しっかりとファスナーで閉じられるので、ひったくりの防止効果も期待できます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201804092757-O5-2Lw1QE4q 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201804092757-O14-i7IbdNAq

2.  外出先での駐輪用ハーフカバー付き
 外出駐輪時に使用できるよう、前カゴからハンドル、サドルまでを一枚で覆うハーフサイズの自転車カバーを標準付属しました。 風でめくれ上がっても飛ばされないよう、前カゴおよびサドルには、それぞれバックルで固定可能。 さらにカバー外周に配されたラバーバンドが、形状に即して伸縮し包み込みます。 子どもの送り迎えに使うフロントのチャイルドシートまで覆いたい場合は、カバーをカゴの上部にずらすことで調整可能(サイズによって覆えない場合もあります)。 再び乗車する際は、濡れたカバーを専用ポケットに収納できます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201804092757-O8-a40L3vTW 】 【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201804092757-O10-QUO906W2

<雨対策グッズについて>
 DOPPELGANGERではこのほかにも、後方確認がしやすい「パッカブルサイクルポンチョ」や、サイズやバッグの形状に合わせて選べる「バックパックレインカバー」など、様々な雨天対策グッズを展開。公式ブログにて紹介しています。http://blog.doppelganger.jp/?p=2509

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】フロントバスケットカバー
【型番:カラー】DBF457-BK:プレミアムブラック
【サイズ】フロントバスケットカバー:(上部)W420×L330mm
    (下部)W370×L250mm、(高さ)H280mm
     自転車ハーフカバー:W530×L1200mm(平置き状態)
【重量・材質】フロントバスケットカバー:230g、300Dポリエステル
       自転車ハーフカバー:150g、210Dポリエステル
【希望小売価格】2,800円(税別)
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbf457/

自転車の前かごに3箇所で固定、様々なバスケット形状に合うようストラップで調整することが可能です。
前カゴカバーはファスナー開閉で荷物やバッグの出し入れも楽々です。
【製品画像-2】雨天駐輪時は、セットになっているハーフサイズの自転車カバーを雨除けのために装着可能。
【製品画像-1】普段は前カゴカバーとして、荷物を雨やホコリ、ひったくりから守ります。
前カゴからサドルまで覆うハーフサイズの自転車カバーがセットになった、前カゴカバーを発売。
前カゴカバーには高強度な300Dポリエステルを使用し、裏面にはPUコーティングを施しています。
2箇所をバックルで留めるフェイルセーフ機構により、風でカバーがめくれても紛失する恐れがありません。
【製品画像-3】自転車カバーを装着し、斜め前方から見た場合の画像。
自転車カバーは端に配したラバーバンドで伸縮、前カゴからサドルまでぴったりと覆えます。
約42cm×33cmに大きく広げられる前カゴカバーの開口部。
落ち着いたデザインなので使用シーンを選びません。
防水コーティングを施した自転車カバーが、雨濡れから守りたい所だけ守ってくれます。
自転車カバーの装着手順。
前カゴカバーには自転車カバーを収納する専用スペースがあるので、外したカバーの置き場に困りません。
自転車カバーを前カゴの上部にややずらして装着した画像。
フロントのチャイルドシートを含めて、自転車カバーを掛けた状態。
サイズによって、チャイルドシート設置車にも自転車カバーを被せることが可能です。
本製品があれば天候を気にせず、愛車で便利にお出かけできます。