ママたちの声から生まれた、1歳半からのプラレール!『はじめてのプラレール』 2/15(木) 発売のお知らせ
株式会社タカラトミー
更新日時:2月6日 13時00分

2018年2月6日

株式会社タカラトミー

プラレールデビューに!
ママたちの声から生まれた、1歳半からのプラレール!

 『はじめてのプラレール』2018年2月15日(木) 発売のお知らせ

丈夫なつくりと便利なベルトで おでかけにぴったり!
従来のプラレールと一緒に遊べて、ながーく楽しめる!

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区)は、鉄道玩具「プラレール」シリーズの新商品として、1歳半から楽しめる『はじめてのプラレール』(全3種、希望小売価格 各1,380円/税抜き)を、2018年2月15日(木)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、ベビー用品専門店、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式 ショッピングサイト「タカラトミーモール」http://takaratomymall.jp/shop/、そして一部の書籍売り場等にて発売いたします。

 本商品は、1歳半ごろのお子さまが楽しめるように工夫されたプラレールです。1歳半ごろのお子さまが大好きな“手転がしあそび”がより楽しくなるような動きや音のしかけが施されているほか、ベルトつきのためベビーカー用おもちゃとしてもご使用いただけます。保護者の方たちの、「子どもが電車に興味を持ちはじめているのに、対象年齢が1歳半からの電車のおもちゃがあまり売っていない」という声を受けて企画されました。
 開発にあたっても、ママを中心とした保護者の方たちへのヒアリングをもとに「おでかけ時に便利なベルト」「丈夫なつくり」「かわいらしいデザイン」など、様々なニーズを反映いたしました。

 車輪の幅は従来のプラレールと同じ、青いレールに合わせたサイズになっているので、お子さまの成長に合わせて青いレールや、従来のプラレール車両と組み合わせることでより長い期間楽しんでいただくことができます。プラレールのレール幅は59年前の誕生時から現在に至るまで変わっていないため、ご兄弟はもちろん、ご両親、おじいさま・おばあさまなどがかつて使っていたレールが手元にあれば、同じものをそのままご使用いただくことも可能です。青いレールと組み合わせて遊んでいただくことで、想像力を自由に働かせ、想像した世界を再現する遊びへと広がっていきます。


<商品の遊び方>

 手で持って走らせると、運転席の透明ドラムが回転します。透明ドラムの中をくるくると回るカラフルなビーズと、回転によっておこる“シャラシャラ”という楽しい音で、目でも耳でも楽しんでいただくことができます。
 また、車体はぐらぐらと揺れながら走るようになっているので、手転がし中の手の感触や車体の動きもお子さまの興味を惹くものになっています。


<ママたちの声に応えた商品仕様>

◆おでかけ時に便利なベルトつき
 「おでかけ時にも便利に持ち歩けるおもちゃが欲しい」という声が多かったことから、面ファスナーで止められる布ベルトをつけました。バッグやベビーカーなどにつけられるので、持ち運びに便利で、ベビーカー用おもちゃとしてもご使用いただけます。また、ベルトは必要に応じて取り外すこともできます。

◆丈夫なつくり 
 車体下の“スカート”の部分には落としても壊れにくい軟質な素材を採用したり、小さな部品が取れないような構造にするなど、丈夫なつくりにこだわりました。それにより、おでかけの際にもたっぷり遊べるほか、一般社団法人日本玩具協会の定める玩具安全基準(ST基準)の“対象年齢1.5歳以上”の基準を満たしています。

◆かわいらしいデザイン
 実在の新幹線のデザインをベースにしながらも、「よりかわいらしいデザインが良い」という意見を参考に、丸みを帯びたカラフルで可愛いデザインを採用しました。

◆成長に合わせて長く遊べる
 「おもちゃを買っても、短期間で飽きてしまうかもしれない」という不安を抱えるママが多い中、『はじめてのプラレール』はお子さまの成長に合わせて通常のプラレール(対象年齢3歳以上)と組み合わせていただくことで遊びが広がり、より長い期間楽しんでいただける仕様になっています。
 青いレールの上を手転がしすることはもちろん、プラレール車両(動力車)に押してもらったり繋げたりすることで、レールの上をぐらぐらと動きながら走ります。 
(※「直線レール」・「曲線レール」以外のレール、橋脚、情景では遊べません)


<『はじめてのプラレール』シリーズ 商品概要>

発売日 : 2018年2月15日(木)
価格 : 各1,380円(税抜き)
商品内容 : 本体×1、ベルト×1
対象年齢 : 1歳6ヶ月以上
取扱い場所 : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、ベビー用品専門店、
        インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、
        タカラトミー公式 ショッピングサイト「タカラトミーモール」、
        一部書籍売り場
ホームページ : http://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/tettei/set/18_01_pte/index.htm
商品動画 : https://youtu.be/j0oJuthU1UI


商品名 : 「はじめてのプラレール おでかけ E5系新幹線はやぶさ」
商品サイズ : (W)約140mm×(H)約60mm×(D)約45mm
著作権表記 : © TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
        JR東日本商品化許諾済

商品名 : 「はじめてのプラレール おでかけ N700系新幹線」
商品サイズ : (W)約140mm×(H)約60mm×(D)約45mm
著作権表記 : © TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
        JR東海承認済 JR西日本商品化許諾済

商品名 : 「はじめてのプラレール おでかけ 923形ドクターイエロー」
商品サイズ : (W)約140mm×(H)約60mm×(D)約45mm
著作権表記 : © TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
        JR東海承認済 JR西日本商品化許諾済

----------------------------------------------------------
■「プラレール」とは
鉄道玩具 「プラレール」 は、1959年にプラレールの原型である「プラスチック汽車・レールセット」が発売されてから半世紀以上、身近な“鉄道”をテーマに、子どもたちが社会を学び、創造力を育む玩具として愛されています。青いレールを自由につなげて線路をレイアウトし、3両編成の列車を走らせることが基本の遊び方です。
発売当時から現在まで、青いレールの規格は統一されており、現在では親子三世代にわたり親しまれています。日本国内ではこれまでに、累計約1,370種類、1億6,000万個以上を販売しています(2017年3月末現在)。
http://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/



動力車との遊び②
動力車との遊び①
レール幅は従来のプラレールと同じ
『はじめてのプラレール』ベビーカーへの取り付け例
『はじめてのプラレール』バッグへの取り付け例
『はじめてのプラレール』遊び方
「はじめてのプラレール おでかけ 923形ドクターイエロー」
「はじめてのプラレール おでかけ E5系新幹線はやぶさ」
「はじめてのプラレール おでかけ N700系新幹線」
『はじめてのプラレール』使用例
『はじめてのプラレール』全3種