静岡県袋井市で平成30年元旦から4月3日まで「可睡齋ひなまつり」を開催
袋井市
更新日時:12月26日 06時00分

2017/12/26

袋井市

静岡県袋井市で平成30年元旦から4月3日まで「可睡齋ひなまつり」を開催

 静岡県袋井市にある禅寺「萬松山可睡斎」では、平成30年元旦から4月3日まで、「可睡齋ひなまつり」を開催します。
 この祭りは、子どもの健やかな成長と物を大切にする心を伝えるため、人形供養のため可睡齋に納められたお雛様約4,000体を館内で展示しています。メイン会場の国登録有形文化財「瑞龍閣(ずいりゅうかく)」に並んだ32段、1,200体のお雛様には思わず息をのみます。
 開催に先駆けこの度、12月26日(火)午前11時から、メディアの皆様に限り内覧会を行います。
 評判の高い精進料理を手軽に味わうことができる期間限定の「ひな御膳」は1月20日から。ぜひご賞味ください。

1 期間
  平成30年1月1日~4月3日まで 午前9時から午後5時まで
2 場所
  萬松山可睡齋瑞龍閣 (静岡県袋井市久能2915-1)
3 交通アクセス
 ・東海道本線を利用の場合:袋井駅下車、バス10分
 ・新幹線を利用の場合:掛川駅から車で20分
 ・東名高速道路を利用の場合:袋井インターチェンジより車で5分
 ・新東名高速道路を利用の場合:森・掛川インターチェンジより車で15分
 【ご来場に関するお問い合わせ先】
   ・秋葉総本殿 可睡齋 TEL:0538-42-2121
   ・袋井市観光協会 TEL:0538-43-1006

十二単衣の着付け実演など週替わりで様々なイベントが行われている
可睡齋館内に並ぶお雛様
3月3日の法要シーン
子どもの健やかな成長と物を大切にする心を伝える
瑞龍閣に並ぶ32段、1,200体のお雛様