スマートフォン向け無料アプリ「恋するマップ~女子ちず~」に12月14日より“小美玉市バージョン”を追加!
茨城県小美玉市
更新日時:12月14日 14時00分

2017年12月14日

茨城県小美玉市
株式会社ゼンリンデータコム
ミライカレッジ

地域注目度ランキング9ヶ月連続1位の“小美玉市”の
人気スポットが一目で分かる
スマートフォン向け無料アプリ「恋するマップ~女子ちず~」に
12月14日より“小美玉市バージョン”を追加!
首都圏女性が現地取材して“生の声”を反映。
「楽しい、美味しい、体にいい」スポット満載

 茨城県小美玉市と株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区港南、代表取締役社長:清水辰彦、以下ゼンリンデータコム)、ミライカレッジ*は、ゼンリンデータコムが提供するスマートフォン向け無料アプリ「恋するマップ~女子ちず~」に12月14日より“小美玉市バージョン”を追加しました。
*株式会社ツヴァイ、移住情報誌「TURNS」、株式会社電通の共同プロジェクト

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O1-qf0dLli0
【「恋するマップ~女子ちず~」“小美玉市バージョン”イメージ】

 「恋するマップ~女子ちず~」は、地図が苦手な方にも分かりやすく伝わるよう、地図全体を淡いトーンの色で表現し、必要な情報のみを見やすく表示した無料地図アプリです。さらに、お出かけをサポートするサービスとして、ゼンリンデータコムが独自に調査した「きれいなトイレ」の詳細情報などを提供し、多くのユーザーに好評をいただいております。
2014年の提供開始から、自治体との協業は今回が初となります。

 “小美玉市バージョン”では、ミライカレッジに参加している首都圏在住の女性と、小美玉市住民がチームを組み、小美玉市で調査、取材した女性向けのスポット全59ヵ所を「食」「体験」「パワースポット」などの5ジャンルに分け、地図に表記しています。
5ジャンルは小美玉市のマスコットキャラクター「おみたん」の5種類のアイコンで表示しています。

【茨城県 小美玉市】
東京都心から北東へ約80km、茨城県のほぼ中央部、湖では日本第2位の面積を持つ霞ヶ浦の北端に位置し、2006年の市町村合併で誕生。「小川町」「美野里町」「玉里村」それぞれの頭1文字をとって、小美玉市に。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O2-14zHP5h7


①ベーシックおみたん
空港、そらら、希望ヶ丘公園など小美玉の様々な体験ができる複合施設、店

②座りおみたん
飲食店など、小美玉の食が味わえる店

③ヨーグルトおみたん
洋菓子店、和菓子店など小美玉のスイーツが味わえる店

④スキップおみたん
小美玉温泉、悠遊農園など小美玉ならではの特別な体験ができる場所、店

⑤バンザイおみたん
神社など小美玉のパワースポット、縁結びスポット

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O20-sMCd0Emp
【おみたん5種類のアイコン】

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O3-2292sRaO
【おみたんジャンル表示】

 また、地図製作に合わせて「恋するマップ~女子ちず~」の女性ユーザーを対象に行った「ライフスタイルに関する意識調査」では、食事に関して気を付けていることは、1位栄養バランス(52.2%)、健康にいい食品のイメージの1位は「発酵食品」(60.1%)となったほか、レジャースポット選択のポイントは「美味しいものがある」「のんびりできる」が上位に入りました。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O9-i5GB9oX6
【Q.日頃食事で気を付けていることは?】



【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O10-AMp4JyuF
【Q.健康にいい食べ物でイメージするものは?】



【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O11-LQ2GbQ8H
【Q.レジャースポットの選択ポイントは?】


 小美玉市は農作物生産、酪農が盛んで、茨城おみやげ大賞2016において、(株)小美玉ふるさと食品公社の「季節のドリンクヨーグルトセット」が最高金賞に、また(株)山西商店の「おみたまプリン」が金賞に輝くなど名産品の評価が高く、人気を集めているほか、小美玉温泉や500万本のコスモス畑など、ゆったりと非日常感を味わえるスポットも数多くあり、見ても食べても満喫できる、女性が楽しめる要素が詰まった首都圏からの魅力的な日帰りスポットです。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O12-6MfNmx5e
【おみたまヨーグルト】

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O13-DaOOZgVY
【おみたまプリン】

 小美玉市では、日本中のヨーグルトが小美玉市に集まる「第1回 全国ヨーグルトサミットinおみたま」を2018年10月に開催します。ヨーグルトは健康や美容に対し、良い影響があるとする研究結果が報告されていますが、小美玉市のヨーグルトでは更なる効果の結果報告も期待されます。
「恋するマップ小美玉市バージョン」のオリジナルフレームは、「ヨーグルトサミット」のロゴを基調にデザインされています。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201712139011-O14-zkHF12nQ

【小美玉市ご紹介ムービー「DISCOVER OMITAMA」】
春編
https://www.youtube.com/watch?v=mN1KG7GsDkw
夏編
https://www.youtube.com/watch?v=1irRmT3qUww&feature=youtu.be
秋編
https://www.youtube.com/watch?v=wDPWkmB58MI&feature=youtu.be
冬編
https://www.youtube.com/watch?v=D-eQMZlKf5Y

【「恋するマップ~女子ちず~」“小美玉市バージョン”概要】
http://koisurumap.com/
●提供元:ゼンリンデータコム
●提供開始日:2017年12月14日
●推奨環境:
iOS7.0以降、https://itunes.apple.com/jp/app/id786114434
Android OS4.0.3以降、https://play.google.com/store/apps/details?id=net.zenrindatacom.koisurumap

【小美玉市基本情報】
 東京都心から北東へ約80km、茨城県のほぼ中央部、湖では日本第2位の面積を持つ霞ヶ浦の北端に位置し、2006年の市町村合併で誕生。「小川町」「美野里町」「玉里村」それぞれの頭1文字をとって、小美玉市に。
肥沃な大地には田園風景が広がり、ニラ・イチゴ・レンコンなどの農作物や酪農、養豚が盛んに行われている。なかでも鶏卵は生産量日本一を誇る生産地であり、また牛乳の生産量は県内第1位を誇る。
2010年には茨城空港が開港し、国内外に5路線が就航している。
●所在地:茨城県
●人口:51,791人(2017年11月1日現在)
●市長:島田穣一
●主な産業:農作物生産、酪農、養豚、養鶏

【ゼンリンデータコム会社概要】
●会社名:株式会社ゼンリンデータコム(http://www.zenrin-datacom.net/
●本社:東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟6階
●代表者:代表取締役社長  清水 辰彦
●設立:2000年4月13日
●資本金:2,283,010千円 (2017年4月1日現在)
●事業内容:□ITS事業 高精度な地図データを活用したテレマティックス事業の展開
      □ネットサービス事業 地図をベースとした法人向け付加価値情報サービスの提供
      □コンシューマー向け事業 「いつもNAVI」をメインとした、地図・ナビゲーションサービスの提供
●従業員数:301名(2017年4月1日現在)

【ミライカレッジ概要】
 2015年6月より結婚相手紹介サービス会社「ツヴァイ」、移住情報誌「TURNS(ターンズ)」、総合広告代理店「電通」の共同プロジェクトとしてスタート。生きがい、仕事、人とのつながり、暮らす環境などを中長期的な視点で考えるためのプログラムを全国の自治体と連携して実施している。特に、少子化・人口減少と東京一極集中が日本社会全体の問題となる中、都会から地方への人の流れを作るために、都会の若者へは「地域資産」と「地方暮らし」の学び・体験を提供し、その地域との縁を結び、地方の若者に対しては都会の若者との交流を通じて「地域の魅力再発見」を促進している。

ベーシックおみたん
ヨーグルトサミット
おみたまプリン
バンザイおみたん
スキップおみたん
ヨーグルトおみたん
すわりおみたん
おみたまヨーグルト
レジャースポットの選択ポイントは?
健康にいい食べ物でイメージするものは?
日頃食事で気を付けていることは?
おみたんジャンル表示
小美玉市MAP
「恋するマップ~女子ちず~」“小美玉市バージョン”イメージ