電通、ロシアのメディアエージェンシー「ピープル&スクリーンズ社」に出資
株式会社電通
更新日時:10月13日 11時15分

2017年10月13日

株式会社 電 通

電通、ロシアのメディアエージェンシー「ピープル&スクリーンズ社」に出資

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、ロシアのメディアエージェンシー「People & Screens」(本社:モスクワ市、Managing Director:Andrew Chernyshov、以下「ピープル&スクリーンズ社」)に出資することにつき、同社株主と合意しました。

 2015年に設立されたピープル&スクリーンズ社は、フルサービスを提供するメディアエージェンシーです。特にモバイルやテレビなどオンラインとオフラインをまたぐすべての広告メディアの効果測定と、それに基づくより効率的なメディアプランニングに定評があります。顧客企業には、Eコマースやゲーム事業を行うモバイルアプリ企業が多く含まれます。

 ロシアではスマートフォンの普及とともにモバイル広告が飛躍的に伸長しています。電通イージス・ネットワークの推定では、2016年は前年比で80%増となり、今後も大きく伸長するものと予測しています。

 出資後、当社グループは、ロシアに展開するグループ各社とピープル&スクリーンズ社の協力関係を強化することで相乗効果を生み出し、成長戦略を加速させていきます。

 なお、本件が当社の2017年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。


【ピープル&スクリーンズ社の概要】
 社  名  : People & Screens
        (ピープル&スクリーンズ社、登記社名はZenmico Trading Limited)
 本社所在地 :  ロシア・モスクワ市
 設  立  : 2015年10月
 株主構成  : 非開示
 収益(Revenue): 2,100万ロシアルーブル(約4,200万円)(2016年12月期)
 代 表 者  : Andrew Chernyshov (Managing Director)
 従業員数  : 27名
 事業内容  : マス・デジタルなどのメディア向け広告サービスを提供

 以 上